どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

あんたが大将

e0237580_13455591.jpg
e0237580_13463330.jpg
e0237580_13470714.jpg
e0237580_13473596.jpg




最近歩数が5千歩ぐらいだったので、今日は遠出のハイキングをしてきました。


住んでいる地域の山の裏側まで行って帰ってきました。

(いつかは地球の裏側まで行きたいのですが・・・・)


歩数は17,395歩でした。

時間は約3時間。

足はパンパンになっています。

この後は、足を上にして午睡を楽しみたいと思っています。


さて、行く先々で花盛りでした。

新緑の中、ツツジ、シャガ、フジなどが迎えてくれました。


山道を俯いて歩いていたら、立派なアオダイショウに出会いました。

木漏れ日の中で日向ぼっこをしています。

近づいても逃げませんが、全身の筋肉を緊張させているのが分かります。

つついたりせず、写真を撮ってそっとその場を離れました。

やわらかい緑のトンネルの中を歩いてすっかり癒されました。


[PR]
# by noborin28 | 2018-04-23 13:48 | Comments(0)

山菜寿司

e0237580_14500761.jpg
ワラビ
e0237580_14504389.jpg
ゼンマイ
e0237580_14511320.jpg
イタドリ
e0237580_14521007.jpg
山椒

コシアブラを採りに近くの山に行ったら、時期が少し早かったのか、少ししか収穫できませんでした。

そのかわりにワラビの大群落に行き当たりました。

ポキポキと手折って、あっという間に一束ほど収穫できました。


いま山菜が野山に溢れています。

ワラビ、ゼンマイ、イタドリ、フキ、ウド、タラの芽、コシアブラなどです。


美人妻にお願いして、山菜寿司を作ってもらいました。

フキやタケノコ、シイタケ、豆などが入っています。

錦糸卵にパンっと叩いた山椒の芽をのせて、美味しくいただきました。


コシアブラとタケノコの天麩羅も香ばしく美味かったです。




[PR]
# by noborin28 | 2018-04-12 14:53 | Comments(0)

白鯉

e0237580_12190630.jpg
e0237580_12193872.jpg
e0237580_12203792.jpg
e0237580_12200731.jpg
e0237580_12182478.jpg

(鯉は中央に小さく写っています)



昨夜は月夜で桜が満開だったため、近くの神社へ出かけ夜桜見物となりました。雪洞に照らされた桜は艶めかしくほんのり桜色。

飲み物はビール。

ビールがやっぱりエエなあ・・・・。
日本酒やワインもエエけど、あとが酔っぱらうしなぁ・・・・。

今日も散歩をしてきました。
山を見ると桜があちらこちらに咲いています。
樹々の新芽も開き始めています。

道端にヒトリシズカの群落がありました。
スミレも咲いています。

早くもヤマカガシを見かけました。
トカゲも陽だまりの枯葉の中を、餌を探して走り回っています。

すっかり暖かくなって帰る途中の橋で、川を上ってくる白鯉を見かけました。
何年もこの辺りに住んでいる大物です。


アメゴ釣りに行きたいなあ。


[PR]
# by noborin28 | 2018-03-30 12:23 | Comments(0)

メダカの日向ぼっこ

e0237580_14522914.jpg
e0237580_14582458.jpg
e0237580_15021764.jpg
e0237580_15044000.jpg

ぽかぽか陽気に誘われて、季節の花がまさに百花繚乱です。

オオイヌノフグリやホトケノザの周りを、テントウムシやクモが忙しそうに走り回っています。


桜や桃が満開を迎えています。

名残の梅も花から葉へと移ろいでいます。

今年は殊の外寒かったので、植物もこの陽気が待ち遠しかったことでしょう。


畑の草取りをしてきました。

スギナが芽を出し始めています。

ハコベが美味そうに青々と繁っています。


冬野菜の水菜や壬生菜、小松菜が菜の花になって、目を楽しませてくれます。

掘り返した土からは、ミミズや昆虫が出てきますが、柿の梢にとまって観ている小鳥の餌になるのでしょう。

ここらで作業を止めてやりましょう。


家に帰ってメダカを飼っている鉢を見たら、水面近くで日向ぼっこをしていました。

本当に暖かくなりました。




[PR]
# by noborin28 | 2018-03-27 15:06 | Comments(0)

コン、コン

e0237580_18223251.jpg
人、人、人なんですよ。
e0237580_18232267.jpg
お狐様です。
e0237580_18235745.jpg
e0237580_18242809.jpg
いろんな言語が飛び交っています。
e0237580_18251856.jpg
若い女性ばっかりではありませんぞ。
e0237580_18254464.jpg
本殿と思われる?
e0237580_18262372.jpg
このお水を飲みました。



京都に行ってきました。

今回は伏見稲荷大社と晴明神社です。

早朝6時半に出発し、伏見神社に着いたのが10時過ぎ。
ラッキーなことに駐車場が空いており、するりと滑り込むことが出来ました。

それにしても、人出の多いこと。
神社に通じる道路も、人で溢れ返っていました。
しかも外国の人たちの多さにはびっくりです。

境内に入ると、朱塗りの神社はどれも立派で、それぞれの建物の前には両脇にお狐様が鎮座していました。

一度は通ってみたかった鳥居も、大きいのやら細いのやら様々でした。
それが、山頂に向かって永遠に続くかのように長く延びています。
その鳥居の中を通るのですが、人、人、人でまるで正月の参拝のようでした。

それでも山腹まで登り、稲荷パワーを全身に浴びることが出来ました。

お守りとキツネのお面を土産に買って帰りましたが、お稲荷さんは食べずじまいでした。

昼食は京都大学の楽友会館のレストランで食べたかったのですが、いっぱいで食べられませんでした(誠に残念)。

そこで、晴明神社に行きました。

ダビデの星のようなマークがある晴明神社。
安倍晴明をお祀りしている神社です。
もっとオドロオドロしい神社かなあと思って行ったのですが、こじんまりとした清潔感のある神社でした。

ここでも湧き出る泉の水を飲みましたので、目に見えないパワーを得たようです。

遅くなった昼食は、六角堂近くの「ぼんじゅーる」というレストランで頂きました。
これには吃驚。
店の雰囲気も良く、お昼のランチでしたが大満足の味とサービスでした。

三条イノダでコーヒータイムをして、いざ京都駅に。
買い物タイムを終了して、4時半に京都を出発しました。

西日本を発達した低気圧が暴走するとの予報に、無事帰れるのかと心配していましたが、淡路に入ってから強風が吹き始め、鳴門大橋ではちょっとビビりましたが、無事四国にたどり着くことが出来ました。

午後9時半に家にたどり着きました。
着いた途端に、篠突く雨となりました。
(お稲荷さんと、泉の水パワーのお陰です)

今は翌日の午後5時。
まだ 強風が吹いています。


[PR]
# by noborin28 | 2018-03-01 18:28 | Comments(0)

甘酒

e0237580_09003291.jpg
e0237580_09014579.jpg
e0237580_09023473.jpg
e0237580_09030736.jpg



節分も過ぎ、立春も過ぎてしまいましたが、どうですこの大雪。


毎日、寒空を眺めては散歩を取りやめ、炬燵の中にすっこんでおりました。

来週には健康診断が控えていますが、体重超過はまず免れないことでしょうなあ。


今朝も大雪です。

しかし、今回はこんな大雪になど負けておられるかと奮い立ち、カメラを引っ提げて散歩をしてまいりました。


ご覧の雪です。

数年前の長靴が埋もれるほどではありませんが、一面の雪景色が楽しめました。


体の芯まで冷え切ることなど全くなく、早々に引き返し、また炬燵の中に潜り込み酒粕の甘酒を一杯という訳です。

温まりますなあ。

太りますなあ。


何とか、2月16日の旧正月には間に合いましたが、今年最初のブログ開きです。

本年もどうか宜しくお頼申します。



[PR]
# by noborin28 | 2018-02-07 09:03 | Comments(0)

大エルミタージュ展

e0237580_15595734.jpg
神戸に来たなあと思う瞬間です。
e0237580_16003196.jpg
e0237580_16010003.jpg
e0237580_16012604.jpg
南京町の老舗です。
e0237580_16015458.jpg
淡路の大観覧車。

神戸に行ってきました。

今回の目的は、兵庫県立美術館で開催中の大エルミタージュ展を観にいくことと、コストコでのお買い物です。


美人妻と自称オードリーと小生と3人で行ってきました。

いつものようにサンチカタウンの駐車場で車を止めて、しばしの解散です。


今回は美術館がJR灘駅の近くに有るので、JRを利用しました。

三ノ宮から僅か一駅。

座席に座ったか見たかで着きました。

海側を目指して歩くこと10分。

灰色の美術館が見えてきます。


新聞でも紹介されていたように、オールドマスターといわれた西洋絵画の巨匠たちの作品は素晴らしく、この大エルミタージュ展を見ることが出来て良かったです。

丁寧で繊細、光の使い具合など、絵画の中に引き込まれていくような感覚を味わいました。


サンクトペテルブルクで見たらもっと良いでしょうが、それは宝くじが当たってからのお楽しみにいたしましょう。


さて、大満足して再び三宮に戻って、丸玉食堂で老麺とエビ天麩羅を食べて、美人妻に待ち合わせの電話をしたら少し時間があるので、南京町へ行って老祥記の小籠包を買うため列に並びました。

いつ行っても行列が出来ていますね。


大丸で待ち合わせて、イスズのパンを買っていざコストコへ。

コストコでフィーバーして、結局家に帰り着いたのが9時半でした。


神戸、近くにあって魅力的な大都会。

また行くけんなあ。



[PR]
# by noborin28 | 2017-12-14 16:04 | Comments(0)

川は流れる

e0237580_16512141.jpg
e0237580_16504295.jpg
e0237580_16514962.jpg
e0237580_16521937.jpg

♪病葉を 今日も浮かべて

 街の谷 川は流れる♪


作詞横井弘の名曲「川は流れる」を仲宗根美樹さんが歌ったのは、昭和30年代だったのでしょうか。

川の流れを見ていたら、突然口をついて歌が流れ出てきました。


今は野原にも道路にも、落ち葉が積もるほど落ちています。

川に差し掛かった枝からも、川面めざして降るように落ちていきます。


落ちた葉っぱは、暫くあっちへゆらゆら、こっちへゆらゆらと流れに身を任せて気の向くままですが

集められ茶色の帯となって川下へと流れ出していきます。


やがて水底に沈み、水生昆虫の餌や住処になるのでしょうか。


無駄な物って、無いんですねえ。




[PR]
# by noborin28 | 2017-12-01 16:54 | Comments(0)

横倉山ハイキング

e0237580_12253983.jpg
杉原神社。
e0237580_12261834.jpg
安徳天皇御陵墓参考地。
e0237580_12272471.jpg
下まで真っ逆さま
e0237580_12275852.jpg
横倉山自然の森博物館のメタセコイアなんですよ。



11月25日は小生の誕生日。

大まかに四捨五入すれば100歳になります。


で、美人妻から誕生日は解放してあげるから好きなようにしなさい、とのお達しがあり、横倉山ハイキングとなりました。

朝8時に家を出発し、大豊から高速道路に乗り、いのインターで降りました。
国道33号線を走り、横倉山の第2駐車場に着いたのが10時。

早速登山靴に履き替え、リュックを背負ってあの長い階段を上りました。
登り始めの急階段から杉原神社に着くまでに、ぐっしょりと汗をかいてしまいました。
杉原神社は、樹齢500年の大きな杉に囲まれてひっそりと建っています。

今日は誰もいないのかと思ったら、ご夫婦が先を歩いています。
植物を観察しているのかゆったりと進んでいるので、先に行くことにしました。

ほどなく安徳天皇御陵墓参考地に着きました。
石段が山の尾根に向かって組まれています。
登っていくと、立派な玉垣に囲まれた鳥居があり、その中には何の建造物もありませんでしたが、宮内庁管轄ということで立ち入ることはできないようです。

この参考地というのが、何だか奥ゆかしくていいですね。
とかく歴史ものは我田引水になりがちなのに。

汗も引く間もなく坂を上っていくと、畝傍山眺望所に出ます。
ここからの眺めが素晴らしく、石灰岩で造られた山というのがよく分かる大きな崖が目の前に迫ってきます。
ちょうど紅葉の時期なので、切り立った崖もきれいに色づいています。
遠くには越知町の街並みも見えます。

横倉宮や住吉宮、空池などを巡って、車に帰り着いたのが1時。

国道に出る少し前に、越知町立横倉山自然の森博物館があります。
メタセコイアの紅葉が真っ盛りでした。
輝くばかりの感動的な立ち姿です。
もちろん、博物館の展示物も興味深い展示が多く、特に岩石の展示は見ごたえがありました。

今回は、横倉山のみ。
帰りに豊永の近藤スーパーでサバ寿司を買っただけで、ほかに寄り道もすることなく、充実した誕生日でした。



[PR]
# by noborin28 | 2017-11-26 12:34 | Comments(0)

野菜がどっさり

e0237580_13352951.jpg
懸崖造りのようです。
e0237580_13360463.jpg
あっという間に駆け抜けました。
e0237580_13370156.jpg
こんなものが目の前に。
e0237580_13373183.jpg
渋柿っぽいです。


今日はいい天気。

一人で散歩に出かけました。


ハルは留守番です。

庭の犬小屋に繋がれたのが大いに不満で、家に入れてくれと頻りに吠え立てますが、今日は味方のお母さんもお姉さんもいません。

いくらワンワンと吠えても、日光浴するしかありません。


さて小生は気楽に秋の日差しを満喫しながら散歩です。


道路脇に咲く野菊を見つけました。

日差しに照り映えて、色鮮やかに咲いています。

近くに寄ると、菊特有の馥郁とした香りがします。

秋の冷ややかに澄んだ空気が、一層香りを強くしているように感じます。


轟音を響かせて、特急南風が走り去りました。

三両編成です。

渓谷美の吉野川を眺めながら、汽車の旅もいいものでしょう。


散歩を進めていると、ヘクソカズラが垂れ下がっているのに出会いました。

黄土色をした実をたくさんつけています。

潰してみると、なるほど名前の通り嫌な臭いがします。

この季節、カメムシの臭いと双璧でしょうか。


一時間かけての散歩を終えて、その足で上の畑のパトロールをしてきました。

ひどい有様ですが、異常なしです。

その時にカキの実がたくさんなっていたのでパチリです。


家に帰ると、待ちかねたように電話が鳴りました。

うちの白菜が酷いことになっているのを見かねて、近所の人がくれるという電話です。

大喜びで駆けつけると、白菜にサツマイモ、ヤツガシラの里芋、カボチャ、シイタケ、おまけに手作りのコンニャクと段ボール箱いっぱいにくれました。


田舎住まいは、これがあるから嬉しい。




[PR]
# by noborin28 | 2017-11-22 14:04 | Comments(0)