どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

クレソン

e0237580_08403571.jpeg
e0237580_08383546.jpeg
e0237580_08395659.jpeg
e0237580_08391954.jpeg

本格的な春がやってきました。

いつの間にか、ネコヤナギやオオイヌノフグリも咲いています。


河原を歩いていて、本流に流れ込む小さな谷に、クレソンが繁りはじめているのを見つけました。

大水に流されても、どこからか種が流れ着いて、いつの間にか生えているのです。


おかげで、年に何度かおこぼれに与ります。

爽やかな香味と苦味があって、まさに大人の味です。


名前も「クレソン」。

フランス人にでもなったような気がします。


今年は暖冬でしたが、雨の日も多くありました。

それに託けて、散歩を怠ったのが現在の小生。

そのつけが、体全体に張り付いています。


ウグイスが本調子で囀っています。

しっかりため込んだ脂肪を、いざ燃焼するゾゥ。




# by noborin28 | 2019-03-18 09:15 | Comments(0)

足腰がめっきり弱くなりました

e0237580_22341743.jpeg
e0237580_16035502.jpeg
e0237580_13031925.jpeg
e0237580_13041507.jpeg

五岳山ハイキングに行ってきました。


結論から先に申しますが、シンドカッタ・・・・・・・・・。


善通寺駐車場を出発したのが、10時過ぎ。

最初の香色山(157m)は、ルンルン気分で登りました。

眼下の景色も、余裕のヨッチャンで眺めることが出来ました。


次に登ったのが筆ノ山(295.8m)。

ここは前の山から一旦下って登ります(※以下、このフレーズ繰り返し)。

登り始めから急坂で、しかも前日の雨のせいで道が滑りやすくなっています。

木の枝に掴まりながら、ゆっくり登ります。


風が吹いてきたと思ったら、頂上に着きました。

時計は12時前。

ここで昼食です(みんなで一緒にふみやの弁当)。

当日は、参加者全員が善男善女のせいで、快晴となりました。


次が最大の難関、我拝師山(481m)。

途中にはロープも設置されています。

登るにつれ、苦労した筆ノ山も、南に見える象頭山も眼下に見えるようになります。

なんとかシンガリで頂上に着きました。


少し休んで、禅定寺に向かいます。

最大の難所、岩場を降りなくてはなりません。

足が上がらないので、靴が岩に引っかかって大変です。

やっぱり、太っていては不利ですね(実感しました)。


中山(439m)です(律子さんではありませんぞ)。

ここからは、登りも無茶苦茶ではありませんが、むしろ下りがボディーブローのように疲れた足に堪えてきます。


最後の登りは火上山(408.9m)。

この下りがきつかった。

途中展望台からの眺めは、讃岐平野の穏やかな景色だったのに、やっぱり400mを一気に下るのは、きついですわ。


何とか、国道11号の鳥坂まんじゅうまで辿り着いて、タクシー(タクシー会社が何と善南タクシーさん)を呼びました。


高知からの美女2名は、善通寺駅を5時過ぎの列車に乗れたようでした。

残りのオッサン4人は、地元に6時過ぎに無事辿り着くことが出来ました。



# by noborin28 | 2019-02-08 08:19 | Comments(0)

立川番所パート2

e0237580_09022228.jpeg
e0237580_09043916.jpeg
e0237580_09075227.jpeg
e0237580_10095009.jpeg


立川番所の残りのコース、行ってきました。


雨になりそうな気配の中、家を出たのが10時。

しかし途中から空が明るくなり、車を降りるときには真っ青な空になっていました。


11時に車を止めて、川沿いの道路を歩いていくと、川風と山から吹き下ろしてくる風が滅法冷たく、見上げる山はうっすらと雪を被っています。


歩きも自然に速くなり、体が解れてきたころに立川番所書院に着きました。

日曜、祝日のみの開放ということで、生憎と外観しか観られませんでしたが、土佐藩の番所、また国境警備の最前線として重要な地位を占めていたことが伺える建物です。

現在重要文化財に指定され、200年以上の昔から歴史を伝え続けています。


立川番所を後にして少し登っていくと、道路は全面通行止めになってしまいます。

前年の大雨被害で道路が傷んでいるためです。

歩いてみると濁流が川のみならず道路まで飲み込んでいたことが至るとこで見られます。

山肌も所々崩壊しています。

通行止めの場所からは人の気配も感じられることなく、大自然の中を一人きりで歩いていきました。

道路も段々ときつくなり、高度を増していきます。


目指すは、高知と愛媛の県境にあるトンネル。

道路が北に向かっているため、背中や頭にさんさんと日が当たって、心細くもありませんでした。

もし曇り空だったら、一人ではきつかったかもしれません。


トンネルに近づくにつれ、路肩に雪が見え始めました。

途中で南側の山々を眺めると、遥か下の方に高速道路が見えます。

写真には写っていませんが、南東の方角に梶ヶ森が見えます。

東に見えるのは野鹿ノ池かなあ。


やっとトンネルに着きました。

時間は1時30分。

トンネルの遥か向こう側に見える出口は愛媛県。

次は、愛媛の新宮から登ってきます。


帰りは下り坂ばかり。

途中でフキノトウを見つけたので、少しばかり新春の恵みをいただきました。


新春第一歩のハイキングは青空に恵まれ、最終目的地の県境トンネルまであきらめずに到着することが出来ました。


今年も途中で投げ出すことなく、諦めないで頑張りたいと思います。

皆様のご健康を祈念いたします。



# by noborin28 | 2019-01-18 10:08 | Comments(0)

冬の散歩道

e0237580_10203370.jpeg
e0237580_10220018.jpeg
e0237580_10214342.jpeg
e0237580_10210294.jpeg

久しぶりに晩秋の林道を歩いてきました。


クヌギはすっかり葉を落としていますが、コナラはまだ鮮やかな葉っぱを付けて、冬に向かう山肌を彩っています。


日差しが入り込むようになった林の中で、ヒヨドリが囀りながら飛んでいきます。

眼下に、吉野川の流れが白く見えます。


道路に落ちた葉っぱが、香ばしく匂ってきます。

日のあたる崖には、冬イチゴが赤い実を付けています。


小さな木々は、赤や黄色だけでは言い表せないような色合いです。

どの葉っぱも、透明な日差しの中で輝いています。


もう師走。

いつ雪が降ってきてもおかしくはありません。

山も冬支度が整いつつあるようです。




# by noborin28 | 2018-12-06 10:25 | 未分類 | Comments(0)

めんそーれ

e0237580_12505873.jpeg
守礼の門から沖縄旅行は始まりました。
e0237580_12515542.jpeg
沖縄名物,Tボーンステーキ。450グラムをオリオンビールでぺろりといただきました。
e0237580_12530126.jpeg
備瀬のフクギ並木。美ら海水族館の近くで緑のトンネルです。癒されること間違いなし。
e0237580_12553810.jpeg
ディープな沖縄の夜。ノスタルジックな雰囲気が漂います。
e0237580_12562721.jpeg
そして沖縄旅行は終了いたしました。


メンソーレ沖縄。
天候に恵まれた2泊3日の沖縄旅行でした。
今回の旅行は、美人妻と自称オードリィーと小生。
飛行機も体重オーバーの特別料金も取られることなく、無事搭乗することが出来ました。

1日目は、午後2時過ぎに那覇空港について、モノレールで国際通りの牧志駅で下車。
ホテルにチェックインして早速首里城へ。
広い首里城をゆっくり見学し、世界遺産としての価値や琉球王朝の歴史の一部に触れることが出来ました。

ホテルに帰って、近くの牧志公設市場を訪ねました。
夕方になっていて、店仕舞いするところもあり、昼間ほどのにぎやかさは見られませんでしたが、並べられた魚の色鮮やかさや種類の多さにびっくりでした。
豚の顔もしっかり見てきましたよ。

さて、夕食は大いに期待していたステーキ。
ステーキハウスを2,3件覗いてみましたが、結局ホテル近くのアメリカンスタイルのステーキハウスに行きました。
アメリカンスタイルとは何ぞやと言われたら困るのですが・・・・・。

食べたかったTボーンステーキ。
肉も甘くて柔らかく、焼き加減もちょうどですっかり堪能いたしました。
これだったら、1キロサイズでもOKだったのに。
野菜サラダとカレーライスを食べ、ビールも一杯だけ飲みました。

次の店に繰り出す予定がお腹がいっぱいになり、残念ながらその日はホテルで休みました。

2日目は、レンタカーを借りで美ら海水族館へ。
2時間でジンベイザメに会うことが出来ました。
2度目の水族館ですが、飽きません。
魚を見ていると、童心に帰ります。
食べたいのかなあ、捕まえたいのかなあ。
マンタや熱帯魚など眺めながら、2時間があっという間に過ぎて、美ら海水族館を後にしました。

午後は備瀬のフクギ並木を見に行きました。
駐車場のある食堂で、ゆし豆腐を食べました。
豆腐汁が穏やかで旨味があり、体に優しい感じがしました。
家族はソーキ蕎麦に舌鼓を打っていました。

この食堂からフクギの並木が広がっています。
フクギはタラヨウの葉っぱによく似ています。
狭い通路の両側に、覆いかぶさるように緑のトンネルを作っています。
雰囲気いいですよ。
水牛に乗ってゆったり散歩したかったです。

夜は、沖縄に転勤になっている甥家族と食事会をしました。
沖縄料理の店で、様々な料理が並べられ、ちびっ子3人が賑やかで楽しいひとときを過ごすことが出来ました。
三線を演奏してくれるサービスもあり、「花」と「ハイサイおじさん」をリクエストしました。

その後は、甥と3人で夜の那覇をパトロールしてまいりました。
連れて行ってくれたのは、レトロな場所。
昭和3,40年代の飲み屋街の感じかなア。

入ったのは、海老専門の店。
軽く飲んで食べて、次に行ったのが餃子の店。
ここでも軽く飲んで食べて、という感じです。
はしごするのが、どうも通のようです。

泡盛は一杯しか飲みませんでしたが、それが効いたらしい。
ホテルに帰ってひっくり返って寝てしまいました。

最終日は、ひめゆり学徒隊の資料館を訪ねました。
大勢の修学旅行生と一緒の見学でしたが、若い皆さんも言葉少なく手記や資料に見入っていました。

お昼は、タコライスをいただきました。
初めての食べ物。
ご飯の上に、キャベツや半熟卵やハムやトマトやらが乗っかって、辛いソースをかけて食べます。

食事を終えて、現地のスーパーマーケットに寄って、沖縄らしい珍しいものを探して買い物をして空港に向かいました。

空港で、甥の奥さんと光ちゃんが見送りに来てくれました。
3人に見送られながら、午後2時50分発のANAに乗り込みました。

沖縄、美味しいものや見たいものがいっぱいあって、気候は穏やか。
また、訪れる機会に恵まれますように。


# by noborin28 | 2018-11-08 12:48 | Comments(0)

本と酒

e0237580_08502193.jpg
e0237580_08505231.jpg
e0237580_08511744.jpg


家にいるときは、雨空でなければ大概4時過ぎから読書をします。

庭に出て、蚊取り線香を燻らせながら酒も飲みます。

読書か飲酒かどちらがメインか分かりませんが、心地よく夕暮れになだれ込んでいきます。


いま熱心に読んでいるのは「ホモ・デウス」。

「サピエンス全史」が大ベストセラーになったユヴァル・ノア・ハラリの作品です。

人類の未来がどこに向かうのか、壮大なスケールの書物です。

愉しみながら読み進んでいます。


そして脇にあるのがグラス。

最近はラム酒にスダチを搾りこんで、氷砂糖を数粒落としたのをかき混ぜながら飲んでいます。

ひんやりした秋の午後によく合いますなあ。


この季節、5時になると屋外での読書も薄暗くなり終了となります。


僅か1時間ですが、至福の時間でもあります。



# by noborin28 | 2018-10-26 08:52 | Comments(0)

立川番所を目指して

e0237580_09125251.jpg
e0237580_09140857.jpg
e0237580_09133699.jpg
e0237580_09143503.jpg


高知県大豊町と愛媛県新宮村をつなぐ街道があります。

高知側からは吉野川の支流立川川沿いに、切り立った山の中を縫うように延びています。

現在は県道5号として、古くは土佐北街道として多くの人々に利用されてきました。


今回は大豊町から出発です。

10時30分に出発して、片道12000歩を目標に歩きました。


道路は2車線で道幅も十分にあり、緩い坂道が延々と続きますが交通量も少なく快適です。

立川川沿いに歩いていると、川やそれにかかる橋がひどく傷んでいることにすぐ気づきました。

先般の大水で川が氾濫し、大木が吊り橋を直撃して通行不能になっています。

また川岸の木々の根っこをすっかり洗い出してもいます。


この分だと道路まで冠水していたでしょう。地域に住んでいる人たちは不安で不便だったに違いありません。


今は少し笹濁りですが、本来は澄み切った冷たい流れの川で、アメゴなどが泳いでいるのを道路から眺めることが出来ます。


頭の上を高速道路が何度となく跨いでいきます。観光バスや大型トラックがまるで空中を走っているような錯覚になります。


立川番所まであと2キロの看板があるところまで来ました。

道路は、間もなく立川川とも離れるようです。

ここまで、集落らしい風景にはほとんど出会いません。

道路脇に民家が点在するぐらいです。


立川番所書院は次回のお楽しみ。

時間は12時20分。予定の歩行数字もクリアしています。

リュックを下ろし、水を飲んでしばしの休憩。


帰りは緩い下りとなっています。

秋の日差しを浴びて、逆光に煌めく川面を眺めながらテクテク歩きます。

車に帰り着いたのが2時。歩数は24806歩でした。


次回は立川番所を過ぎて峠の頂上まで歩きます。



# by noborin28 | 2018-10-18 09:16 | Comments(0)

ビリケンさんに誘われて

e0237580_09412357.jpg
e0237580_09420406.jpg
e0237580_09423883.jpg
e0237580_09430590.jpg


小生の夏休みに、盆明けに大阪に一泊しました。


目的は国立国際美術館で開催中の「プーシキン美術館展」を観ることと、20年近くご無沙汰の友との旧交を温めることでした。


旧友はこの暑い夏の二日間、大阪、奈良と文句も言わず付き合ってくれました。


まずプーシキン美術館の展示では、ゴーガン、セザンヌ、ルソーなどの作品が展示され、中でもモネの「草上の昼食」が圧巻でした。素晴らしい・・・・。


午前中、絵画芸術に浸った後、午後はお上りさんで、あべのハルカスと通天閣に登ってきました。


あべのハルカスは、もちろん360度の眺望で遠くには四国を望むことが出来ます。

四天王寺や天王寺動物園が300メートル直下に見えます。


あべのハルカスから歩いて15分で通天閣に。

ビリケンさんに会うのに40分かかりましたが、記念写真を撮ったり、土産屋を覗いたりと充分楽しませてくれました。


ジャンジャン横丁を通ってみましたが、今度は絶対に近くのホテルに泊まって、ジャンジャン横丁で飲みまくってみたいと思いました。


二日目は、奈良の東大寺と春日大社と興福寺に行きました。


大仏さんや阿修羅像を拝観し、心静かなひとときを過ごすことが出来ましたが、それにも増して春日大社の広大さには参りました。

暑い中、境内を上ったり下りたり。

へとへとになりました。

昼食のコーラの何と美味かったことか。


最後は、梅田に帰って大阪駅の前と後ろを案内してもらいましたが、ごっついなあという感じでした。

100万円の札束を持って歩いても、間に合わないでしょうなあ。


なんやかんやと申しましたが、充実した二日間でした。


大阪への往復がバスだったので、疲れもせず快適な旅行となりました。

関係各位には大変お世話になりました。


また、行くけんな。

頼むで。



# by noborin28 | 2018-08-22 09:44 | Comments(0)

天の底が抜けちまっただぁ

e0237580_23581137.jpg
e0237580_00001550.jpg
e0237580_23584314.jpg
e0237580_00004102.jpg
e0237580_23594334.jpg

連日の大雨で日本列島はどうなっとるんや。

天の神様がお怒りになっているんかいな。



雨の降りかたが半端なく、篠突く雨が屋根瓦を射し、風情どころか不安を掻き立てるような音を響かせています。


道路は水浸し、それらを集める水路はあふれ出し、川は大洪水となっています。

何もかも押し流す水の迫力は甚大で、自然の驚異を感じないではいられません。


危険水位も超えています。

深夜の今も、増水を告げる不気味なサイレンが鳴っています。


もうこれ以上流れるところが無いのに。



# by noborin28 | 2018-07-07 00:06 | Comments(0)

子ヘビ

e0237580_12460452.jpg
e0237580_12465441.jpg
e0237580_12472934.jpg
ユキノシタ葉っぱの左にいます。
e0237580_12480256.jpg
ユキノシタの茎と比べてください。



先日の父の日に、嬉しいプレゼントがありました。

我が息子から、スコッチシングルモルトウィスキィーのアードベッグ10年を貰いました。


なんでもスコットランドの西側にあるアイラ島の蒸留所の産とかで、飲んでみるとクレオソートのような強い薫りに初めは戸惑いましたが、意外にも甘さもあり芳醇ともいえる味わいでした。

夕方の庭で空でも眺めながら、ちびちびとやりたいと思います。


さて、実家の水道が傷んでいたので修理をしていたところ、石垣の下の草の中にミミズが蠢いていました。

気にも留めず草を採っていたところ、なんだか色が黒いことが気にかかり、よくよく見ると頭があります。

じっくりみると鱗まで見えます。


なんとまあ、ヘビの子どもです。

疲れているのかおなかが減っているのか、動きを止めてしまいました。

危険を察知して、じっとしていることが賢明だと判断したのかもしれません。


たぶん生まれて間もなくのヘビだったのでしょう。

ほかには見当たらず、兄弟たちも移動したのでしょう。


そのままそっとしておきました。

来年には大きくなって、畑をパトロールして、モグラやネズミを捕まえてね。



# by noborin28 | 2018-06-25 12:50 | Comments(0)