どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

野菜がどっさり

e0237580_13352951.jpg
懸崖造りのようです。
e0237580_13360463.jpg
あっという間に駆け抜けました。
e0237580_13370156.jpg
こんなものが目の前に。
e0237580_13373183.jpg
渋柿っぽいです。


今日はいい天気。

一人で散歩に出かけました。


ハルは留守番です。

庭の犬小屋に繋がれたのが大いに不足で、家に入れてくれと頻りに吠え立てますが、今日は味方のお母さんもお姉さんもいません。

いくらワンワンと吠えても、日光浴するしかありません。


さて小生は気楽に秋の日差しを満喫しながら散歩です。


道路脇に咲く野菊を見つけました。

日差しに照り映えて、色鮮やかに咲いています。

近くに寄ると、菊特有の馥郁とした香りがします。

秋の冷ややかに澄んだ空気が、一層香りを強くしているように感じます。


轟音を響かせて、特急南風が走り去りました。

三両編成です。

渓谷美の吉野川を眺めながら、汽車の旅もいいものでしょう。


散歩を進めていると、ヘクソカズラが垂れ下がっているのに出会いました。

黄土色をした実をたくさんつけています。

潰してみると、なるほど名前の通り嫌な臭いがします。

この季節、カメムシの臭いと双璧でしょうか。


一時間かけての散歩を終えて、その足で上の畑のパトロールをしてきました。

ひどい有様ですが、異常なしです。

その時にカキの実がたくさんなっていたのでパチリです。


家に帰ると、待ちかねたように電話が鳴りました。

うちの白菜が酷いことになっているのを見かねて、近所の人がくれるという電話です。

大喜びで駆けつけると、白菜にサツマイモ、ヤツガシラの里芋、カボチャ、シイタケ、おまけに手作りのコンニャクと段ボール箱いっぱいにくれました。


田舎住まいは、これがあるから嬉しい。




[PR]
# by noborin28 | 2017-11-22 14:04 | Comments(0)

食欲の秋

e0237580_18232211.jpg
e0237580_18234627.jpg
e0237580_18241516.jpg


熟女二人とドライブをしてきました。
行先は讃岐。

とりあえず、高松の中央埠頭にあるレストランで、昼食となりました。
小生は天然真鯛のグリルにキノコたっぷりのソースがかかった一品。
熟女その一は、ステーキ。
熟女その二は、ハンバーグ。
いずれも美しく盛り付けされ、それぞれ美味しくいただきました。

窓の外を眺めると、フェリーや貨物船がひっきりなしに航行しています。
波の無い穏やかな瀬戸内に、白い船。
絵になりますなあ(シャッターチャンスが無くてごめんなさい)。

食事の後は書店によって、その後は五色台に。
紅葉を期待していったのですが、ほんの少し早かったようです。

しかし、五色台に登る途中にミカン畑があって、そこのミカンがいかにも旨そうなミカン色に熟れていました。
なんだか、食欲の秋そのものになってしまいましたなあ。


[PR]
# by noborin28 | 2017-11-11 18:38 | Comments(0)

葉脈白菜

e0237580_08121954.jpg
e0237580_08125173.jpg


楽しみにしていた秋野菜。
小松菜や水菜も順調に生育し、まもなく収穫というところでした。
ところが台風の来襲により連日の大雨。
連日の大雨や小糠雨にたたられ、青々と茂っていた葉物野菜が虫に食われ始めました。
その進行具合と言えばあっという間でした。

その結果登場したのが写真の葉脈白菜。
どうです、見事でしょう。
今度、新種として緑の部分が嫌いな人のために、葉脈だけの白菜として道の駅に売り出そうかと考えています。
どうですかねえ。

虫被害にあわなかったのは、春菊だけ。
今年の鍋は、変則鍋になりそうです。


[PR]
# by noborin28 | 2017-11-06 08:26 | Comments(0)

ラフティング世界選手権

e0237580_08490184.jpg
e0237580_08492831.jpg
e0237580_08495822.jpg
e0237580_08503127.jpg
e0237580_09272990.jpg
e0237580_08511197.jpg
e0237580_08531207.jpg



先日、大阪中之島にある国立国際美術館で開催されている「バベルの塔」展に行ってきました。

ブリューゲルの「バベルの塔」。
以前から是非とも観たかった作品をやっと観ることが出来ました。
画面からは雲を貫く塔を中心に、画面全体にわたり例えようもないほどの細密さで描かれており、これこそ神でなければ描くことができないのではないか思わせる作品です。

今回はバベルの塔を筆頭に、ボスの作品も展示されていて、それもボス独特のシュールでシニカルな数多くの作品で、充分堪能することが出来ました。


さて、翌日は前日に約2万歩歩いて足腰が痛んでいたのですが、せっかくの快晴に誘われて、小歩危まで国道を歩いてきました。

丁度10月にラフティング世界選手権が吉野川のこの流域で開催されます。
川の水も澄んでいて、流れるボートは赤い色。
つり橋の上から見ていると、白く暴れる瀬に勇猛果敢に攻め込んでいきます。

選手たちは、大会を前に流れの状態やコースの確認に余念がないようです。

少し上流の大きな淵では、急流下りの合間に川遊びが見られました。
淵にせり出した大きな岩から飛び込んでいます。
写真では分かり難いのですが、二人が回転しながら緑の淵に飛び込んでいます。

小生も一度ラフティングをしたことがありますが、大層面白いものでした。
気分爽快になります。
瀬を下るときのボートの揺れの大きいこと。
転覆寸前の中、何とか抜け出した時の安心感。
途中の川遊びも楽しいものです。

いよいよ世界選手権。
国際色豊かな選手たちが集います。

国道沿いの遊歩道から、しっかり応援したいものです。


[PR]
# by noborin28 | 2017-09-30 09:27 | Comments(0)

栗、美味いなあ

e0237580_13432676.jpg
イチジクとキクイモの花。
e0237580_13435608.jpg
ゴルフ場が見下ろせます。
e0237580_13442803.jpg
スカッとした青空と葉っぱ。



果物が美味しい季節になりました。
イチジク、カキ、ブドウ、ナシ、クリなどです。

なんだか昔からある果物ばかりですが、やっぱい美味しいですね。
マンゴーやパーナップルなどもいいんですが、里山に植わっている果物は格別なような気がします。

朝夕が涼しくなり、今朝は近くの山を散策してきました。
山はすっかり秋の気配になり、ススキやヒガンバナが咲き、野菊もたくさん蕾をつけていました。

道端に山栗が落ちていました。
彼方此方に落ちているので、靴で踏んで実を取り出してみると、両手に乗るほど収穫がありました。

山栗は、普通のクリと違って格別美味いです。
身がしっかり詰まって、粉質で、クリの風味が強く感じられます。
ただ残念なのが、実が小さいことです。

散策と収穫、良いことがありました。
アカマツ林が見えたので、この次は・・・・・・・・・・・。


[PR]
# by noborin28 | 2017-09-26 14:07 | Comments(0)

採っては見たものの

e0237580_20302644.jpg
e0237580_20311187.jpg



もういいかい、まあだだよ~。

葡萄の誘惑に負けて、ひと房収穫してしまいました。
ええ、袋がけしたやつの下の方を少し破いて、色がついていると思って鋏を入れたのですが、御覧のとおり。

いえ新種の葡萄じゃござんせんよ。
ベリーAってやつでござんすよ。

でもね。
色が可愛いじゃござんせんか。
罪深い色ばかりでなくて、薄紫に淡い緑。

これが食べてみたら結構甘いんでがんす。

葉っぱは既に紅葉を始めています。
収穫はあと少し待ちましょう。

もういいかい、もういいよう~まで。


[PR]
# by noborin28 | 2017-09-15 20:45 | Comments(0)

〇〇カレーを食べて美術館に行こう

e0237580_08400855.jpg
e0237580_08411056.jpg
e0237580_08403898.jpg
e0237580_08414745.jpg
e0237580_08423109.jpg

大塚国際美術館に行ってきました。
古代から現代までの西洋絵画1000点余りを、陶板に焼き付けた作品を展示しています。
サイズは原寸大。

入館するまでは(どんなんかいなあ)と思っていたのですが、施設の確かさ、広さ、圧倒的な展示物のボリュームにすっかり満足しました。

直に作品に触れることができ、写真撮影もOKです。
これも陶板作品だからでしょう。

入館して長いエスカレーターを登り、いよいよ鑑賞が始まります。
最初はミケランジェロの「最後の審判」があるシスティーナ・ホール。
それからは怒涛のように、次々と古代から現代まで有名無名の作品が現れてきます。

小生の好きな画家の作品も充実しています。
フェルメール、ラファエル、ボッティチェリ、ゴヤ、ムンク、クリムト、モジリアニなどなど。

途中、コスプレ衣装のコーナーがあり、小生と美人妻、自称オードーリーそれぞれ周りに人が居ないことを確かめながら着てみました。
その写真をお見せ出来ないのが残念です。
(中世の貴婦人やギリシャの哲学者など)。

全作品を見るのに、2時間余りかかりました。
地下3階から地上2階まで。
スニーカーで行ってよかったです。

いよいよ芸術の秋。
身近なところにこんな穴場があることが分かり嬉しく思いました。
みなさんも是非一度出かけてみてください。
お勧めですよ。


[PR]
# by noborin28 | 2017-09-10 09:40 | Comments(1)

飛行機に乗りたい

e0237580_20261464.jpg
e0237580_20273555.jpg
e0237580_20270423.jpg
e0237580_20251452.jpg


9月になってやっと涼しくなりました。
真夏の間、歩数は平均5千歩でした。
その結果、デブはますますデブになり、86キロを保つようになりました。

で、今日は草刈りをして、山道を少し歩いてみましたら、いつの間にか秋が忍び寄っていました。
クサギの周りをクロアゲハが飛び交い、山の中にヒオウギが咲き、サワヒヨドリがひっそりと咲いています。
キイチゴがもう紅葉を始めていました。

畑も先日秋冬野菜の種を蒔きました。
小松菜、水菜、壬生菜、春菊、カブ、ほうれん草、白菜、ルッコラ、二十日大根などです。
今日見たら、小さな双葉をのぞかせていました。

秋の空が高く澄んで見えます。
飛行機に乗って、外国へ行ってみたいなあ。



[PR]
# by noborin28 | 2017-09-06 20:46 | Comments(0)

九州、よかですたい

e0237580_12113195.jpg
e0237580_12120235.jpg
e0237580_12123101.jpg
e0237580_12130906.jpg
e0237580_12134332.jpg
e0237580_12141681.jpg


九州旅行、敢行いたしました。
今回は、有田と伊万里の焼き物見学と、九州国立博物館に行くこと。

有田に向かう九州横断道は大雨警報発令中で、日田市を通過するときなどは篠突く雨の中を走りました。

でも行ってよかった。
上の写真3枚は香蘭社の有田焼のコレクションの一部ですが、本物だけが持つ存在感に圧倒されます。
展示されたコレクションは多く、朝一番で入館者もいなくて、一品毎ゆっくり見学することが出来ました。

壺がいい、皿がいい、三右衛門さんたちのお作でなくていい。
本物が一つ欲しい・・・・・っ。

伊万里市の大川内山にも行ってきました。
ここは山に向かっての道の両脇に窯元があり、店頭に並べられています。
有田に比べて、生活に役立つものが多かったと思います。

小生も今回一人旅でしたので、美人妻に大皿(実際は中皿ぐらい)を一枚張り込みました。
さて、何に使ってくれるのやら。

九州国立博物館は、何年越しにも行きたいと思っていたところ。
外観はガラス張りで見事な建物でしたが、正直コレクションは小生には少し物足りないものでした。

最後に、お隣の天満宮で梅が枝餅を買って、九州の旅は終了。
一泊2日の短い旅でしたが、やっぱり現地へ出かけて本物を見ること。
これにつきます。
その意味からも、今回は満足のいくものでした。
ありがとう、九州。

高速道路のサービスエリアで、九州全図と高速道路の地図を貰ったので、また九州旅行を計画するぞう。
宮崎まで高速道路が延びているので、宮崎経由で鹿児島まで行くぞう。
(財務省の美人妻と一緒に)


[PR]
# by noborin28 | 2017-07-02 14:14 | Comments(1)

復活、アオバズク

e0237580_12252983.jpg
e0237580_12255912.jpg
e0237580_12262799.jpg


いやあぁ、復活しましたぞ、アオバズク。

去年、番で来ていたアオバズクですが、一羽にアクシデントがあったように聞きました。

そんなことで、今年はもう来てくれないのかなあと思っていたところ、いつものケヤキの木にいるのを見つけました。
いつのも定位置ではなく、少し前の枝にとまって、体を細くして木の枝に似せて、こちらの様子を伺っています。

可愛い真ん丸の眼をしています。
カメラを向けると、一瞬のうちに後ろの樫の木の茂みに飛び込みます。
羽を広げると意外に大きく見えます。
また、今年の個体は少し羽の色が濃いように思います。
写真には中央に写っていますが、いつもの通り分かりづらいですね。

これから散歩に行くのが楽しみになりました。
今日はいるのかなあと木の枝を覗き込み、一喜一憂しながら歩きます。

カラスのいじめや交通事故に合わないよう、この夏を過ごしてください。
できましたら子育てもしてね。


[PR]
# by noborin28 | 2017-06-27 12:46 | Comments(0)