どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

見ノ越まで

e0237580_12144274.jpg
三嶺登り口の橋から。












e0237580_12141710.jpg
きれいな水をたたえた名頃ダム。











e0237580_12135136.jpg
次郎笈が見えます。












e0237580_12131936.jpg
右に塔ノ丸、中央に三嶺。












e0237580_1212519.jpg
エゴノキが満開。













昨年12月で終わっていた祖谷街道歩き。
今回は、名頃から見ノ越まで歩きました。
名頃の標高が910m、見ノ越が1410m。
ぴったし500mの標高差です。
距離は10キロ、往復で20キロ。
なんだか区切りがいいですねぇ。

梅雨の間の晴れ間は爽やかで、標高が高いせいか植物もひと月遅れで、やっと新緑が出そろったところです。

名頃ダムは土砂などの堆積物でほとんど埋め尽くされていますが、きれいな水をたたえています。
先日の豪雨がなかったら、澄み切った水で満たされていたことでしょう。

奥祖谷の二重かずら橋には多くの県外ナンバーの車が止まっていました。

道路は、急な坂もなくすいすいと先に進めます。
風も吹きわたり、樹々の合間からトンビが輪を描いて上昇しているのが見えます。
道路の下には、何か動いていると思ったら、イノシシが餌を探していました。

花も多く、キツリフネが清楚に道端に群生してました。
エゴノキ、ヒメシャラ、ウツギ、スイカズラがいずれも白い花を満開に咲かせています。

見ノ越に近づくにつれて、道路も傾斜を増してきます。

次郎笈がくっきり見えてくると、目の前に見ノ越の赤い建物が見えてきます。
目標物が見えてくると、俄然元気が出るものですね。

大塚製薬の保養所を通るとあと少しで到着です。

やっと到着。
見ノ越駐車場は多くの車でした。
コーラを買ってのどを潤し、一息入れながら暫しの休憩。
目の前に、三嶺が雄大な姿を見せています。
あの麓から歩いてきたのかと思うと、ほんまに歩いて帰れるんかいなと今更ながら思いました。

さすが下りは早く、一人歩きなのでいつものように大声を張り上げて歌いながら、レパートリーを全部歌い終わるころには、あと残り2キロのところまで帰っており、ダムの湖面がやさしく出迎えてくれました。

登り3時間、下り2時間のハイキングでした。
今回の移動は、ホンダスーパーカブでした。

また、何処かへカブで行くドー。
[PR]
by noborin28 | 2016-06-27 12:56 | Comments(0)

梅雨本番

e0237580_16173156.jpg
金魚も水の中。












e0237580_16164766.jpg
雨に向かって咲いています。
ヤマガラが植えてくれました。








e0237580_16161579.jpg
毎日収穫できるインゲン。












e0237580_16154141.jpg
涼しげなキュウリの花。













午前中は大丈夫だと思って墓掃除に出かけましたが、草を抜いている途中からポタポタと大粒の雨が降ってきました。
大急ぎで、ハナシバ(シキミ)を手折って花立に差し込み、米を祀って、線香を立てて帰ってきました。

今日は雨。
狭い庭も畑も雨の中。

畑はこの季節、ジャングル状態になっています。
キュウリ、インゲン、ピーマン、シシトウ、スイカ、アオジソなどが生茂り、ライオン、ゾウ、ゴリラ、アナコンダなどはいませんが、猫、猪、猿、蛇などはスキを狙ってやってきます。

退屈なので、麦わら帽子をかぶって、雨の中に佇んでみました。
雨は帽子の縁を伝い、七色の雨垂れとなってキラキラと目の前を落ちていきます。
背中も雨でぐっしょり。

少しも冷たくなく、雨の音も聞こえて自分的には良かったのですが、小生も人の子。
世間体がありますので、心の中ではまだ納得していませんでしたが「今日はこれにて」と、熱いシャワーを浴びて、風邪をひかぬよう自己防衛しました(テヘヘ)。
[PR]
by noborin28 | 2016-06-24 16:49 | Comments(0)

帰ってきたアオバズク

e0237580_914384.jpg
真ん中に見えますか?












e0237580_914418.jpg
少し暗いけど見えますか?












e0237580_9131243.jpg
合歓の花。













e0237580_9124041.jpg
雑木林の林。














アオバズクが2年ぶりに帰ってきました。

もう帰ってこないのかと思ったぜ。
アオバズクの食事場の環境も変わってしまったし。

今は一羽しか見えませんが、是非とも番の姿をみたいものです。
橋の街灯にも、好物の甲虫が沢山飛んできますように。
早朝散歩で甲虫の羽がむしられているのを見ても、決して落胆はしません。

あとは、ブッポソウが帰ってくればいいのになあ。

この季節は、オオルリが電線の上で元気よく囀っているのがよく聞こえます。

今年は、ツバメの姿が例年になく少なくないですか。
そのかわり、トンビみたいな鳥とカラスの空中戦をよく見かけます。

鬱陶しい毎日ですが、鳥になって空を飛んでみたい(高所恐怖症が克服出来たらの話)。
[PR]
by noborin28 | 2016-06-22 09:37 | Comments(0)