どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

かかしの里

e0237580_16573823.jpg
歩き始めは大霜。












e0237580_16572617.jpg
祖谷川は何といっても堰堤です。











e0237580_16571066.jpg
かかし軍団が待っていてくれました。











e0237580_1656557.jpg
この方は本物です。












e0237580_16563849.jpg
寒い冬が来ても大丈夫。











e0237580_16562145.jpg
三嶺の登り口です。














2015年も残り20日。
祖谷街道の終点、名頃まで行ってきました。

歩き始めは9時20分。
日蔭は大霜です。
霜が降りた日は、快晴が約束されるとおり、歩いていると汗ばむほどになりました。
白い息を吐きながら名頃を目指します。

菅生からは祖谷川に堰堤がしばしば見えてきます。
この地方は地滑りのメッカであり、河川工事をしなければ下流は大変なことになります。
まあ、景観は変わりますが、見方によっては、掬って飲みたいほどのエメラルドグリーンの深い淵が次々に現れ、太公望にとっては巨大アマゴが棲む格好の釣りポイントかもしれません。

国道とは言え、急坂となる菅生から名頃に着くと、かかしが大勢迎えてくれました。
道路の両側に座っていたり、停留所で話し込んでいたり、畑で農作業にいそしんでいたり。
昼間はまったく寂しくありませんね。
夜はちょっと不気味かもしれません。

名頃は標高910mもあり、四国の名峰・三嶺の徳島側からの登り口になります。
その駐車場にある水たまりには、すでに氷が張っていました。

寒い冬に備え、家々には薪がうず高く積まれています。
山から吹き下ろす寒い風、部屋には温かいストーブの火。
冷たいビールか、ホットウィスキィー、たまりませんなあ。

そんな訳で、祖谷街道の旅も本日をもって終了いたしました。
春になれば、剣山までハイキングしてみます。


冬場のハイキング、次はどこへ行こうかなあ。
[PR]
by noborin28 | 2015-12-08 17:30 | Comments(0)

やっぱり神楽

e0237580_13264068.jpg
早明浦ダムの湖面。












e0237580_13262534.jpg
夕闇が迫ってきました。












e0237580_1326349.jpg
子ども神楽。












e0237580_13254559.jpg
山王の舞。













e0237580_13252710.jpg
般若の舞。













e0237580_1325725.jpg
折敷の舞。















今回の神楽は高知県本川村にある地主神社の本川神楽。
本川村は早明浦ダムの上流にあり、西条市から寒風山トンネルを抜けても辿り着けます。

小生どもは、国道32号の大杉から入りました。
まず大杉のひばり食堂で名物のカツ丼をいただき、夕食が要らないよう準備をしました。
それから早明浦ダムの湖畔をゆっくりと上流を目指しました。
ダムの湖面は静かで、急峻な山々を映し出し、それはそれは贅沢な景色を見せてくれました。

地主神社に着いたのが3時前。
5時から神楽が始まりますので、少し先の木の香温泉で寛ぐことにしました。
美人妻と1時間後の約束で別れましたが、40分が限度でございました。
温泉はサウナや露天もあり、体の芯からぬくもり、快適に過ごすことが出来ました。

4時40分に会場に着くと既に駐車場はいっぱい。
神社の急な階段を上ると、地元の方が大きなたき火をしてくれていました。
神事はすでに始まっていました。

深山幽谷のなか、夕暮れも早く、たき火の乾いた匂いと神事のなにやら謎めいた雰囲気が溶け合って神楽鑑賞にふさわしい気配が漂っています。

そのうち神楽が始まり、今回の出し物は、座付き、神迎え、シメの舞、座がため、初穂よせ、山王の舞、座祝い(休憩)、相舞、般若の舞、折敷の舞、剣の舞、鬼神争い、長刀の舞、矢●の舞、神送りと多くの出し物でした。

迫力ある舞が次々と演じられ、一息つく間もありません。
途中、座祝いで休憩となり、演者が食事をとられます。
ありがたいことに見物客にもご馳走が振舞われ、美味しいうどんとおでんをいただきました。

また、般若の舞の後ではお菓子やミカンが投げられ、まるで餅投げのように盛り上がりました。
美人妻のバッグはお菓子でぱんぱんとなっていました。

この地主神社の神楽は、演者と見物客が近く、真剣を使う時の迫力や緊張感、折敷の舞での豪快さと繊細さ、シメの舞での切れの良さ、鬼神争いのユーモラス、鳴り物の緩急付けたリズムなどをじっくり味わうことが出来るため、よけいに迫力が感じられます。
しかも、どこか家族的な雰囲気で楽しむことが出来ます。
そして全体としての神楽の陶酔感をもたらしてくれるのです。
今回もまったく満足してまいりました。

残念ながら最後までお付き合いすることが出来ず、鬼神争いを観てから会場を後にしました。

車に乗る前に空を見上げると、民家もなく人工の光も届かない狭い峡谷の夜空に、星々が燦然と輝いていました。

本川神楽サイコー。
来年も行くぞー。
[PR]
by noborin28 | 2015-12-01 14:29 | Comments(0)