どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ヤマナシ

e0237580_162898.jpg
立派なヤマナシ。












e0237580_16284021.jpg
コマツナギ。













e0237580_16291025.jpg
一宇発電所。













e0237580_16294023.jpg
秘境の湯。













今回は眠谷から。
谷の手前に車を止め、長袖、長ズボン、麦わら帽子を着用。
今回はペットボトルを携帯しています。

道は緩やかな下り坂。
道路脇では、カラマツソウが涼やかに揺れています。

大きなヤマナシの木に出会いました。
温州ミカンぐらいの青い実がたくさんついています。
いずれ猿どんに見つかって食べられるのでしょうか。
純白の花の時期に、見に来たいものです。

快適に歩いていたのに、道路舗装工事の通行止めに出会いました。
ここで車まで引き返し、10時の通行許可まで待ちました。
途中にコマツナギが、青い空に向かってピンクの花いっぱいに咲かせていました。

再び道路脇に車を止め、またてくてく歩きです。
道路のはるか下に、一宇発電所がありました。
小さい発電所ですが、立派に水力発電しています。
写真だけを見ると上にあるようにも見えますね。

道路にかかる樹の影を追いながら、西祖谷の街並みに着きました。
人影もなくひっそりとしています。
町が眠っているように感じられます。

大歩危からの道路と合流すると、車の通行も多くなり、「祖谷美人」まで歩いていきました。
次は祖谷美人で美味い祖谷ソバを食べて、そこから出発予定です。
[PR]
by noborin28 | 2015-07-31 16:58 | Comments(0)

夏休み

e0237580_13522976.jpg
見えないほど遠くの祖谷温泉。










e0237580_1353490.jpg
ぽっかり浮かんだ白い雲。












e0237580_13533923.jpg
禍々しい黒蛇。












e0237580_13541788.jpg
近づいてきた祖谷温泉。














台風12号が来ていますが、取り敢えず四国地方も梅雨明け。

やっぱり天気がいいと、気持ちがスカッとしますなあ。
暑いのはともかくとして。

この1,2週間、ほとんど歩いていませんでしたので、今日は久々のお散歩です。

行先は祖谷温泉方面。
小生にとって今、祖谷街道はマイブームなのであります。
南日浦の「緑の一里塚」から祖谷温泉のむこうにある「眠谷」までが本日のコース。

歩き始めは、はるか遠くに見えていた祖谷温泉も、だんだんと近づいてくるのが分かります。
寝不足もなんのその。
途中、黒蛇が道路の真ん中で寝そべっていましたが、棒切れで道路脇に移動させました。
(帰りに見ましたが、車に轢かれることなく無事のようです)

小便小僧のところでは、多くの人が集まっていました。
外国の観光客も多く、歩いているとよくすれ違います。

温泉を過ぎ、眠谷はもうすぐ。
谷に到着し、マイナスイオンをいっぱい浴びて帰路につきました。
次はここから「かずら橋」を目指します。

もちろん、人のいないところでは大声を張り上げて歌いながら帰ってまいりました。
喉もカラカラ、ガラガラ。
[PR]
by noborin28 | 2015-07-26 14:21 | Comments(0)

麩饅頭

e0237580_11435043.jpg
平安神宮の鳥居。












e0237580_11442533.jpg
京都市美術館の外観。












e0237580_1145626.jpg
祇王寺の庵。













e0237580_11455086.jpg
門。












e0237580_11463422.jpg
苔の庭。















行きたかった京都、行ってまいりました。

今回は京都市美術館で開催されている「ルーヴル美術館展 日常を描くー風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄」を観るため。

どの絵も精緻なタッチで描かれ、まったく見飽きることがありません。
しかしながらゆったりと見入る訳もいかず、観客の流れに乗って動かざるを得ません。
いつもながら観客でいっぱいです。

お目当てのフェルメールの「天文学者」も観ることができました。
フェルメールの絵画には、王者の風格ともいえる存在感があります。
ワタシ的にはクエンティン・マイセスの「両替商とその妻」もよかったです。

昼食は六角堂の近くで頂きました。
どういう訳か、蒸し野菜と卵焼きのご飯でした(茗荷ご飯が美味かった)。

そのあと、この季節、苔が素晴らしいとの情報に誘われて祇王寺に行きました。
こじんまりとした祇王寺は訪れている人も少なく、見事な苔の庭を堪能することができました。
フタバアオイや竹林も風情がありました。

桂川の流れを眺めながら再び市内へ。
錦小路をぶらついて、麩饅頭と若狭の焼きサバを買いました。

あとは、京都駅の伊勢丹に寄って買い物をして帰ってまいりました。
京都の旅、お金持ちになったらぜひともまた行きたいドスドスドス。
[PR]
by noborin28 | 2015-07-14 12:35 | Comments(0)