どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

翠波高原花盛り

e0237580_1444427.jpg
翠波高原から南方を望む。












e0237580_14443617.jpg
菜の花。













e0237580_1445875.jpg
牡丹桜。













高知の牧野植物園へ行く予定が、「翠波高原が今、季節はずれの菜の花が満開を迎えています」とのNHKラジオからの情報で、翠波高原に変更となりました。

どうかなあと思いながら出かけましたが、さすがNHK情報。
満開の菜の花と、おまけに牡丹桜も満開。
母にも美人妻にもご納得いただけました。

菜の花はなだらかな斜面を覆うように、今が見ごろとばかりに咲いています。
黄色の帯の向こうに新緑の山々が見えます。
眼下には、富郷が見えます。
この道を辿っていけば、別子山に辿り着きます。

また、牡丹桜も丁度満開でした。
豪華に艶やかに咲き誇っています。
山桜も綺麗ですが、牡丹桜もまた格別ですね。

昼食は四国中央市内にある「EVOEVO(エボエボ)」でランチをいただきました。
美味かったどえす。
[PR]
by noborin28 | 2015-04-30 15:17 | Comments(0)

ヤマシャクヤク

e0237580_1245239.jpg
桐の花。












e0237580_12454198.jpg
ヤドリギ。













e0237580_12461176.jpg
ヤマシャクヤク。












e0237580_12464015.jpg
















今回は格調高く「春の鳥な鳴きそ鳴きそあかあかと外の面の草に日の入る夕」。
北原白秋の歌文集「桐の花」に収められています。

桐の花が藤に負けじと咲いています。
新緑に紫の花がよく合います。

今日は午後から天候が悪くなると予報が出ていたので、カブに乗って山歩きに出かけました。

カブを降りると、コンガを連打するようなキツツキの音が全山に響き、ウグイスが遠く近くでひっきりなしに囀っています。
ヤマドリがいきなり大きく羽ばたいて、弾丸のように飛びたちました。
真っ黒なカラスヘビも日向ぼっこをしています。

山歩きは本当に楽しみです。

ちょうど、ヤマシャクヤクの群落を見つけました。
真珠のような蕾も、純白の開いた花も高貴そのものです。
なんだか山歩きにご褒美をもらったような気分でした。
[PR]
by noborin28 | 2015-04-28 13:12 | Comments(0)

悪童日記

e0237580_12211452.jpg
今はフジの真っ盛り。












e0237580_12214647.jpg
ゴルフ場に行き会いました。












e0237580_12223269.jpg
「悪童日記」を観てきました。














このごろは天候に恵まれ、散歩にも力が入ります。

新緑の中、いま藤の花が真っ盛りです。
花序が短いヤマフジが咲いていますが、まもなく花の長いノダフジも追いついてくるでしょう。
甘い匂いに誘われて、マルハナバチが重たげに飛び交っています。

いつもの散歩道を少し延長すると、ゴルフ場があります。
まわりも緑、芝生も緑。
グリーンの上を歩くだけでも気持ちが良さそうです。


そんな散歩三昧の毎日ですが、昨日は高知まで映画を観に行ってきました。

「悪童日記」です。

以前、アゴタ・クリストフ原作の「悪童日記」を読んで、あの独特のアクの強さといおうか雰囲気にはまって、「ふたりの証拠」「第三の嘘」と、いわゆる三部作を一気に読んだ覚えがあります。
その「悪童日記」が映画になり、高知で上演されると知り、これは出かけて行かねばならぬ、行かねばならぬ、行かねばならぬのじゃああ、と心待ちにしておりました。

で、観た感想は結局は良かったです。
あのクセのある登場人物を、主人公の双子、母親、双子の祖母など出演者全員適役でした。
特に、祖母などは圧巻ともいえる存在感でした。
ハンガリーの有名な女優さんなんでしょうなあ。

大作もいいけれど、心に深く染み入る作品もいいですね。
[PR]
by noborin28 | 2015-04-25 13:07 | Comments(0)

なめんなよっと

e0237580_11522162.jpg
ナンキンハゼの地肌に何故か合うナメクジ。










e0237580_11525556.jpg














e0237580_11532446.jpg
ヒノキ林。













e0237580_11535621.jpg
雨上がりの林道。













「ナメンナヨ」っとばかりに、ナメクジがナンキンハゼの地肌を這っていました。
しかも二匹で。
なんだか久しぶりに出会いました。
嬉しかったです。

そしてカブに乗って、コシアブラを採りに行ってきました。
いまが丁度収穫時期です。

カブを降りてぶらぶら歩いていくと、芽がはじけて柔らかい若葉が輝いています。
一本の樹から1,2株ほど摘み取ります。
あとは、秋の紅葉と来年のために残しておくのです。

昨日と打って変わって今日は雨模様。
散歩がてらの山歩きは快適です。

ヒノキが整然と林立しています。
ヒノキ林の下は何も生えないんですね。

林道は何処までも続いていそうでしたが、下りが近付いてきたので引き返しました。
帰りがしんどいですから。
なにせ、もう歳ですから。
[PR]
by noborin28 | 2015-04-19 12:19 | Comments(0)

春だ、春なんだなぁ

e0237580_1112564.jpg
どんぶらこと辿り着きましたとさ。











e0237580_11132767.jpg
河原も花いっぱい。












e0237580_1114274.jpg
コデマリの花。












e0237580_11143553.jpg
ピンクのイワツツジ。












e0237580_1115236.jpg
いつもの場所から写してみました。












今年の春は雨が多く、散歩もままならない日が続いていました。
そんな日は学校の中を歩き回っていたのですが、今日は久しぶりに河原に行ってきました。

河原までの途中には、ムラサキサギゴケ、キンポウゲ、ムラサキケマン、ハコベなどが咲き誇っています。
辿りついたら、イワツツジが満開。
コデマリも清楚に咲いています。

ハクセキレイが縄張りを主張して、大きな声で囀っています。
チドリの仲間も巣が近いのか、羽をバタつかせてこちらの気を引こうとしています。
足元に気をつけて歩くから大丈夫だよ。
[PR]
by noborin28 | 2015-04-16 11:39 | Comments(0)

コシアブラやあい

e0237580_114568.jpg
1週間早いかなあ。












e0237580_11453727.jpg
白い花びらで満開でした。












e0237580_1146832.jpg
これはまさかのマチュピチュでは。











e0237580_11464084.jpg
霧の風景。














息子がタラノメが食べたいと仰るので、御意とばかりにカブに跨り、近くの山に分け入りました。

雨は落ちてはきませんでしたが、山の空気はしっとりと重たいばかりに水気を含んでいます。
ジャンパーはその水気を吸い取り、濡れたようになっています。
それが、スピードは出してないのに風を受けて、凍えるように寒いのです。
デブでも寒いのでありました。

まあ、それはさておき。

タラノメはすでに伸びたものが多く、一番美味しい時期は過ぎていましたが、天ぷらにすれば大丈夫なので、なるべく開いてないものを選んで摘みました。
ついでにコシアブラはどうかな、と思って探してみると、こちらはあと1週間もすれば食べごろを迎えそうです。
来週あたり行って来ます。

足元にワラビが沢山伸びていたので、それも摘んで帰りました。

春の山菜、美人妻は喜んでくれるかなあ・・・・・・。
[PR]
by noborin28 | 2015-04-11 12:24 | Comments(0)

ドラキュラ城に春来る

e0237580_16361891.jpg
真っ赤なアネモネ。












e0237580_16364687.jpg
ハルも快適。












e0237580_16371380.jpg
旧三縄発電所です。












e0237580_16374513.jpg
可憐な岩躑躅。














サラダ菜の苗を植えに実家の畑に行ってきました。
2日前に植えた苗は、イノシシどんに踏みつけられ息も絶え絶えの状態。
植えなおして一応の体裁を整えての帰りに、真っ赤なアネモネが雑草のなかで凛と咲いていました。

時間があったので、先日の落成記念式で賑わった「川の楽校」に寄り道しました。
場所もアプローチもよく、盆に帰ってくるチビたちとキャンプをしたいと思っています。
広々としたところでリードを解かれ、ハルも快適です。

河原に下りてみました。
子どものころ夏休みに毎日川遊びに通ったところです。
河原からは、旧三縄発電所跡が見上げるように建っています。
登録文化財にでもなりそうな威容を誇っています。

しかし油断は出来ません。
ドラキュラ城のようでも有り、夜になると棺がギギギーッと開いて、伯爵が蝙蝠と一緒に飛び立ちそうな風情があります。
ニンニクでもいっぱい食べて行かないと危険かもしれません。

そのドラキュラ城の下には、可憐な岩躑躅が咲き始めていました。 
桜も満開、ドラキュラ城にも春は届いていました。
[PR]
by noborin28 | 2015-04-02 17:23 | Comments(0)