どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ホーホー、ホーホー

e0237580_8245673.jpg
中国の玉を溶かし込んでみました。











e0237580_8253083.jpg














e0237580_826293.jpg














e0237580_8263361.jpg
















梅雨の晴れ間をハルの散歩で歩いていたら、やっぱり居ました。
アオバズク。

毎年、この季節になると元気な様子を見せてくれます。
尤も、昼間は木陰でじっと動かず、大きな金色の目でこちらを見つめているだけなんですけどね。
この場所に毎年来てくれるのは、夕方に街燈が点き、それに集まるお好みの昆虫が捕り易いからでしょうか。
残念ながら、ペアの姿は未だ見ていません。

すぐ近くにブッポウソウも来ていたのですが、最近は見かけなくなりました。

アオバズクのホーホーと鳴く声を、一度聞いてみたいのですが勇気がありません。
夜の橋の上で何もせず、じい~といたら「この人はどうしたんだろう?」と不審がられるにちがいありませんから。
[PR]
by noborin28 | 2013-06-29 08:53 | Comments(2)

桃ちゃん

e0237580_14291314.jpg
木陰でひっそりと。













e0237580_14294865.jpg
お日様浴びてまっかっか。












何年か前に桃を食べて、庭にポイッと種を放り投げたのが偶然鉢の中に入り、数年してからは花を咲かせるようになりました。
今年は少し花の数が多いのかなあと思っていたのですが、最近になって3個も実がついているのに気がつきました。

よく見ると何だか食べられそうな、食欲をそそる桃の実です。
いつ収穫してやろうかと毎日眺めています。

しかしこのみずみずしい実を狙っているのは小生だけではないようです。

一番の強敵はもちろん、お猿です。
お猿は人間が明日収穫しようかなあと思っていると、その日に「お先に失敬」と持ち去りますので油断大敵。

次は、カラスのカースケくん。
彼も頭が良くて、首をかしげながら熟れ具合を窺っています。

そして地上からも敵はやってきます。
そうです。アリとナメクジ。
アリは昼間、ナメクジは夜。

周りは敵だらけ。
どこからでも攻めてこられそうです。
こうなっては、もう油断などしておれない。
袋掛けをしておこう。
そして、熟した頃を見計らって、果汁たっぷりの甘い桃の実をもぎ取り、小生だけが味わいつくすのじゃああああ。
わはははははははははは(何だか筒井康隆風になってしまいました)。
[PR]
by noborin28 | 2013-06-22 14:55 | Comments(4)

何やってんだぁ

e0237580_1144554.jpg
おや?ヘビの子かなあ?












e0237580_1151927.jpg
あちゃあ。何やってんだぁ。












e0237580_1181785.jpg
お目目直しにどうぞ。














畑の作業から帰って、手を洗おうと何気なく下を見ると黒っぽいものが見えました。
この頃、老眼が進み、見えなくていいものが見えたり、見なければならないものが見えない時が多々あります。
で、今回はどっちに入りますのやら。

はじめは落ち葉かなあと思ったのですが、こんなに尖った葉っぱがあったかなあと思い直し、いやいや、これはヘビが卵から孵ってとぐろを巻いているのに違いないと思いました。
そこで、これは絶好の機会と思い、カメラを持って近くで撮ってみると、なんとまあ、カナヘビじゃあありませんか。しかも2匹で。体色の濃いやつと若干薄いやつがレスリングをしています。
よおく見ると、あちゃァ。
何やってんだあ。
ここ何年か庭にトカゲやカナヘビがたくさん出没していましたが、そのワケがよおく分かりました。

さすが小生も大人(老人?)です。
恋路を邪魔するような野暮はいたしません。
そのまま静かに引き下がり、家の中で用事を済ませて、30分後に出てみると、全く何事もなかったように、1匹だけがコンクリートの上で日向ぼっこをしていました。

庭はいま、カシワバアジサイが咲いています。
今夜あたり、蛍でも見に行こうかな。
[PR]
by noborin28 | 2013-06-10 11:40 | Comments(2)

さるかに合戦

e0237580_13443432.jpg
ツバメの攻撃を受ける。












e0237580_1345797.jpg
曲芸師も顔負けです。。












e0237580_1345396.jpg
鉄柱に辿り着き、一安心。












e0237580_13461176.jpg
あっという間に飛び降り、校舎の裏へと消え去りました。











何気なくテレビを見ていたら、屋根の方からドスドスという音が聞こえてきました。

ハルをシャンプーしてベランダに干していたので、屋根に逃げたのかと思って外へ出てみるとなんだか違う様子。
家の周りを調べてみると、隣の屋根に赤い顔をしたおさるが潜んでいました。
小生が回り込む方向から死角になるように敵も移動しています。
さすがおさる。

でも、このままではいけません。
とりあえず、写真に取ろうとカメラを持ってくると、おさるの頭上を狙ってツバメが攻撃を仕掛けています。
屋根の下に巣がありますので、ツバメの両親も攻撃の手を止めません。
執拗に頭を狙って攻撃を仕掛けます。
地上からは小生のシャッター攻撃、空中からはツバメの突っつき攻撃。

おさるも仕方なく、伝家の宝刀かは知りませんが、電線を渡ることにしたようです。
地上5、6mほどは有りましょうか、ぶらんぶらんとぶら下がりながら、電柱にたどり着きました。
着いてからの行動は素早かったです。
一気に電柱を駆け下り、校舎に着地すると蹴立てるように屋根の向こうに消え去りました。

おさるはどうやら、枇杷の実を採りに来たようです。
あいにく、すぐ近くに犬が2匹とうるさい人間が3人もいて、それぞれが追い立てるものですから、ゆっくり食事にもありつけなかったようです。

でも、もうしばらくは来ないでくださいね。
電線を渡るとき、ウンチを落とすぐらい怖かったのなら。
[PR]
by noborin28 | 2013-06-08 14:20 | Comments(0)