どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

奥山に紅葉踏み分け・・・

e0237580_12374367.jpg
奥に見えるのは国見山(1409m)












e0237580_12381454.jpg
立派な牡鹿です。













e0237580_12384714.jpg
それを追うハル。













e0237580_12391290.jpg
紅葉を始めた山。













野鹿池山(東峰1294.4m)を目指して、ハイキングしました。
今回は美人妻と娘、そしてハルが同行しています。

山城町の白川谷から、愛媛県立川に抜ける道を車で登り、石碑のある三叉路からは歩きです。
午後から出かけたのですが、秋の日差しが背中に掛かり、山の冷たい空気を和らげてくれます。
道路は車一台もなく、ゆったりとした上り坂で、北に向かって眺望が開けています。

道端には、ノコンギクやシラヤマギクが咲き、ノブドウが不思議な色の実をつけています。
気の早いヌルデはもうすっかり紅葉しています。

突然美人妻が「鹿。」と大声を上げました。
斜面を見ると、立派な角を持った牡鹿がこちらを見下ろしています。

早速それに反応したのが愛犬ハル。
急な斜面を駆け上がりますが、鹿はそれより早く檜林の中に駆け込みました。
鹿のもの悲しげな鳴き声が林の中から聞こえてきます。
ハルはあとを追うような素振りを見せていましたが・・・・・。

野生の鹿は思ったより大きくて立派ですよ。
何度か遭遇しましたが、見るたびに感動します。

眺望台で遅めのお弁当を広げました。
おにぎりと卵焼き、牛肉のしぐれ煮、シシトウとチリメンジャコの炒め物、そしてりんごです。
山で食べるご飯は美味いですねえ。

弁当を食べると歩く気力が全くなくなったのか、「もう帰る」の美人妻の一言で、車の方へ方向転回しました。
結局、歩いたのは約1万歩。
それでも少しは秋の気配を感じた一日でした。
[PR]
by noborin28 | 2012-10-23 13:16 | Comments(0)

朝の散歩

e0237580_12403538.jpg
程よい湿り気の山の朝。












e0237580_12411729.jpg
昨夜、我が家の屋根を照らしていた月。











e0237580_12414996.jpg
ヌルデの種子。
かぶれないとは思うけど。











e0237580_940228.jpg
セイタカアワダチソウ。
清々しい花ですよ。











金魚を飼っている水槽の掃除をお願いしたくて、昨日は河原へ行って、水たまりでのんびりしていた川エビを掬ってきました。
一緒に掬ってしまったハヤの子どもも水槽に入っていただきました。

今朝観てみると、仲良く水槽の底と水面近くとに住み分けていました。
富栄養化している水槽なので、エビちゃんが車海老にならないか少し期待しながら心配しています。
(エビは経済的理由でブラックタイガーでしたが、偶然昨夜は天ぷらでした。)


さて、今朝は近くの山の散歩をしました。
ハルは久しぶりに車に乗せたので窓から顔を突き出し、受ける風に、顔はまるで「ナマケモノ」のようになっています。

いつものところに車を止めドアを開けるやいなや飛び出していきます。
この時期になると山は夏の装いはすっかり影を潜め、アブの大群も襲ってくることなく、照りつけていた太陽も心地よい日差しを送ってきます。
なにより秋の澄んだ空気が心地いいですね。
適当に湿った空気と秋の山の匂い。
秋の山の匂いって、キノコが生えるときの匂いやコケの匂いなどいろんな匂いが混ざって、大人の匂いなんですよね。
多分チャーチルや吉田茂翁のように、ウィスキィーや土佐鶴が混ざったような。

今は秋の花も少なく、サワヒヨドリやオトコエシなどの白い花が目立っています。
その中でセイダカアワダチソウが鮮やかな黄色の花をひろげ始めています。
健気に異国からはるばるやって来たのに悪者にされ可哀相でしたが、だんだんとススキ等と折り合いを付け、長いスパンで日本にも定着してきているようですね。

ハルも満足したので、少し歩いて帰ってくると、小学校では一週間遅れの運動会が始まっていました。
今日は晴天。
良い子の皆さんも夏休みが明けてからずっと練習してきた成果を充分に発揮して、楽しい思い出作りをしてもらいたいと思います。
紅組ガンバレ。白組ガンバレ。
[PR]
by noborin28 | 2012-10-07 13:50 | Comments(0)