どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ニガバイ

e0237580_1003597.jpg
我がふるさとは緑なりき。












e0237580_101637.jpg
ここら辺は飛行機の航路銀座で、夜には多くの飛行機が飛び交います(珠に訳のわかんない物体も飛びます)。






e0237580_1014096.jpg
夏の定番。
清々しいでしょ。












オリンピックが始まってから寝不足が続いています。
昨夜も柔道、競泳、卓球、男子体操、女子バレーと追いかけて、NHKとBS1を交互に変えながら夜が明けるまで堪能しました。

昨夜のハイライトは柔道かなあ。
特に女子の松本薫選手は迫力がありました。
画面から溢れ出るほどの迫力と闘志がきっと彼女を金メダリストにさせたのでしょう。
朝のテレビで勝者のインタビューを受けていたときは、あの迫力はすっかり影を潜め、すっかり24歳のはにかみ屋の乙女(?)にかえっていて、安心いたしましたが。
何はともあれ、おめでとうございます。
昨夜画面に登場して以来、すっかりファンになってしまいました。

さて、昼間は猛烈な暑さですが、夜遅くから早朝にかけては涼しく、快適に過ごすことができます。
ハルの散歩は普段は5時前後なのですが、今朝は半徹夜のため出遅れ、8時前になってしまいました。
太陽はすでにパワー全開でアスファルトをチリチリと焦がしはじめています。
木の陰を探しながらの散歩ですが、往路の時は木陰でも、復路の時は既に炎天下となっています。

道路から川をのぞき見ると、タキノシタもタカイワも少し濁っています。スイジンは木が茂って川面が見えません。
子どもの頃、学校の掲揚台の赤旗以外は、毎日川へ遊びに行っていました。
アユをはじめ、ウナギ、アメゴ、ニガバイ、ドブロク、ジンゾク、ヨシュウ、カナキンなどいっぱい泳いでいました。
震えるほど寒くなって、唇は紫色、肌はサブイボで覆われていても、焼けた岩の上に張りついて暖をとると、また澄んだ水の中に飛び込んだものです。

昔は面白かったなあ。
[PR]
by noborin28 | 2012-07-31 10:56 | Comments(4)

危険、危険。

e0237580_1520502.jpg
ニホンカモシカの通り道。












e0237580_1521247.jpg
危険、危険、大変危険。
(この写真では何が危険なのかさっぱり分からん)








e0237580_15215476.jpg
きれいなトカゲ。













今日は美人妻とハルを連れて(「連れられて」とも言う)いつもの山道を散歩しました。
梅雨も明け、山の緑も力強く深まっています。
足元は一応シューズですが、半パンツなのでいわゆる膝から下はすっぽんぽん。
これが後から小生を震撼させることになるのですが、それまでは快適に山歩きを楽しんでおりました。

ハルもいつものとおり、山の中に飛び込んでは帰ってくるを繰り返しています。
のどが渇くのか、時々美人妻からペットボトルの水を貰っています。

道路わきには、カラマツソウが涼しげに風にそよいでいます。
まるで山のアジアンタムのようです。

その茂みをかき分ける様に、ニホンカモシカの通り道があります。
このあたりで鹿やカモシカをよく見かけます。
鹿は一目散に逃げ出しますが、カモシカは立ち止まってじっとこちらを見ていることが多いです。

さていつもはこの杉林を過ぎた辺りで引き返すのですが、今日は欲張ってもう少し先まで足を延ばすことにしました。

棒切れを片手に、快適な山歩きをしていたところ、目の前の道端でヤマカガシを見つけました。
久しぶりの蛇なので、カメラに収めたいと思い準備をしている間に、するするっとコンクリートの隙間に逃げ込まれてしまいました。
近寄って棒切れで穴をつついてみましたが、勿論出てなどきやしません。
もう少し踏み込んで突っついてやろうと思っていたら、いきなり美人妻が叫びました。
「危ない。マムシー。」
「エエーッ」
みると小生の靴からわずか3,40センチのところに先ほどとは様子が違う蛇がすくんでおりました。
はじめは蛇の頭しか見えなかったのですが、よく見るとベージュの肌に茶色の銭型の模様。
存在感のあるお方のお出ましです。
そうです、マムシです。

しかもマムシは身体をかためて攻撃の態勢をとっています。
小生後ずさりながらも、これこそカメラに収めなければを思い、またもたもたしていたら、あっという間にコンクリートの隙間に入ってしまいました。
折角の特ダネなのに。

「どこぞの新聞記者もこれぐらいをモノにセーヨ」と罵りながら、自分の不手際に呆れたのでありました。

それでも諦めきれず棒切れで隙間を何度も突いて、美人妻の顰蹙はかいましたけど。
でも、素手であのコンクリを剥がすことは出来ませんでした。

あのコンクリートの下は、ヤマカガシとマムシの巣窟になっているのでしょうねえ。
想像するだけで・・・・・・。

と言うわけで、皆さん山へ行くときはしっかりした足回りが大事ですよ。

帰りは、ハルには道の真ん中を歩かせ、道路に木の枝が落ちていたら、小枝と分かっていても一応チェックしながら帰ってまいりました。

それにしてもトカゲのきれいですばしっこいこと。
[PR]
by noborin28 | 2012-07-22 16:24 | Comments(0)