どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 20日 ( 1 )

山の小径

e0237580_07454689.jpg
陽当りのよい小径。
e0237580_07462426.jpg
毒草のハシリドコロ。
e0237580_07465356.jpg
遠くにタムシバが見えます。
e0237580_07472579.jpg
森の中に現れた緑の巨人?
e0237580_07484180.jpg
ヒキガエルのペア。


バナナ2本をバッグに入れて、近くの山を歩いてきました。
一人歩きなので、バッグの脇にコップを吊り下げガチャガチャいわせ、なおも鈴を手に持って、クマが聞いたらいったい何人が来ているのかと思うぐらいの音を立てて歩きました。

山の小径は芽吹いた樹々で彩られ、足元は落ち葉で敷き詰められています。
早速、ウグイスが囀り、シジュウカラ、ミソサザイなども負けずに歌い続けています。
ツツドリも来ていて、どこかでポポ、ポポッと鳴いています。

山菜のタラの芽やコシアブラも、歩きはじめた所では収穫の時期を迎えていましたが、高度を上げていくに従って、蕾を固く閉じたままになっています。

谷沿いにみずみずしい緑の植物が群生しています。
傍によってみると、どうやらハシリドコロのようです。
緑の葉っぱの下にチョコレート色の可愛らしい花をつけていますが、全草が毒で間違って食べると、ひどいことになるようです。

タムシバの花が高い所では満開となっています。
花は上品ないい香りがします。

小生が住んでいる集落を眼下に見えるところまできて、バナナを平らげ、一息休んで降りることにしました。

途中、暗いスギ林の中で緑の苔がびっしりついている大きな岩がありました。
緑が鮮やかで、それは綺麗でしたよ。

車までもう少しというところで、足元で何かが蠢きました。
着地しようとした足を、すんでのところで僅かに外して着地しました。
何事かと思い目を凝らしてみると、ヒキガエルのペアが蹲っていました。
85キロがいきなりドスンとくれば、ヒキガエル達も天国から地獄へ、そして最期には天国に行ってしまうに違いありませんでした。

よかった、スン止め出来て。


[PR]
by noborin28 | 2017-04-20 08:29 | Comments(0)