どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

キイチゴ食べたもん

e0237580_16543233.jpg
e0237580_16552560.jpg
e0237580_16561831.jpg
e0237580_16564886.jpg
e0237580_16571544.jpg


梶が森に行ってきました。
前回引き返したところから歩き始めて片道約7キロ。
舗装された道路ばかりですが、往復14キロの長距離です。

9時15分に車を降りて、リュックを背負い歩きはじめました。
道路はずっと緩い坂道です。
これは頂上まで、ずっと続きました。

しかし、疲れる前に景色が素晴らしく、林の木々の豊かさと美しさ、遠くの山並みの広大さが道中ずっと楽しめます。

それにも増して、今回来てよかったのが、ナガバモミジイチゴが食べ放題だったことです。
通称キイチゴですが、道路わきに「まあ、食べて行かんかえ」ってな具合に垂れ下がっています。
しかも大粒の食べごろ。
まるで宝石のように輝いています。

1枚目の写真のように、掌にのせパクっと口の中に放り込みます。
ジューシー、まさしくジューシーであります。
上品な甘さが堪能できます。
しかも、道の両脇にどっさり生えているものですから、これ以上の贅沢はありません。

あっちに目移り、こっちに目移りと、まるで熊のようであったことでしょう。

キイチゴに喉を潤しながら登っていくと、頂上直下に天文台のある山荘がありますが、今はまだ休館中でした。

その上が、キャンプ場。
標高1300メートルでキャンプが出来ます。
水場もトイレも完備されています。
むかし、家族でキャンプをしたことがありますが、夜には蛍が飛び交い、早朝には霧の中にブロッケン現象がはっきりと映りました。
一人では無理なので、だれか一緒にやりませんか。

さて、キャンプ場からは一息で頂上です。
大きなアンテナが3,4本建っています。

標高1339,6メートル。
ジャンプすれば1400メートルです。
360度の眺望は素晴らしく、歩いてきても車で来ても十分楽しめます。
登頂時間は11時45分。

12時過ぎに下山を始めました。
下山途中に、キバナツクバネウツギが満開の花を咲かせていました。
ほかにもウツギの仲間がたくさん咲いていました。

もちろん、下山途中もキイチゴを摘まみながら帰ってまいりました。
6月16日はキイチゴ記念日。

来年も、キイチゴを食べにハイキングするぞー。


[PR]
by noborin28 | 2017-06-16 17:53 | Comments(2)
Commented by at 2017-06-19 21:39 x
ヒゲもじゃの天狗ですか?
天狗の鼻も樹木が覆い茂りましたねえ!
写真・・・楽しみです。
Commented by noborin28 at 2017-06-20 16:26
ありがとうございます。天狗の鼻の先で、朝霧の中、眼下から山頂にかけてブロッケン現象が見えました。神さんになったのかと思いました。