どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

里山に感動

e0237580_17550011.jpg
e0237580_17552696.jpg
e0237580_17555317.jpg
e0237580_17562292.jpg
e0237580_17565285.jpg
e0237580_17572693.jpg

今日は小生の3連休の中日、暇を持て余した結果、里山ハイキングに出かけました。

場所は、梶が森。
高知県大豊町から登ります。
大豊町は土砂防災の町。谷川の奥深くまで整備されています。

ここ大豊町には、旨いサバ寿司がありますが、今日は敢えて鉄火巻きと巻き寿司を買いました。
まずは、桜の下で腹ごしらえ。
西行法師曰く「願わくば花の下にて春死なん その如月の望月の頃」ではなく、小生は桜の花の下で弁当を広げてしまいました。
まあ、旨かったのであります。

腹ごしらえを終え、あとは車道をビッタンビッタンと歩きました。
車道とはいえ、急こう配の所も結構あり、現在84キロの身重にとっては結構きついのでありました。

道のわきに、ここより山頂まで11キロの看板を見つけ、到底山頂制覇は無理のため、取り敢えず午後3時まで進むことにいたしました。
往路2時間、復路1時間半といったところです。

途中、美味そうな文旦が実っていたり、ヤギが斜面で草を食んでいたりとイベントもありました。

しかし今回の最大の収穫は、里山の景色です。
山深い、まるで隠れ里のようなところの景色が大層美しいのでありました。
山の上まで田んぼが耕され、山肌には特産のユズや銀杏が植えられています。
人の手が十分に加えられ、里山が生き生きとしています。

そんな風景を目の当たりにして、やっぱり田舎はええなあ、山はええなあと心から感動した訳であります。

山に住んでいても、何も不自由に思うことはありません。
むしろ豊かさに気づくことが多いのであります。

午後3時になりましたが、山頂まであと7キロ残っています。
近いうちにまた、ビッタンビッタン歩いてきまっせ。


[PR]
by noborin28 | 2017-03-24 18:35 | Comments(0)