どんぐりぐりぐり

donguri28.exblog.jp
ブログトップ

九州、よかですたい

e0237580_12113195.jpg
e0237580_12120235.jpg
e0237580_12123101.jpg
e0237580_12130906.jpg
e0237580_12134332.jpg
e0237580_12141681.jpg


九州旅行、敢行いたしました。
今回は、有田と伊万里の焼き物見学と、九州国立博物館に行くこと。

有田に向かう九州横断道は大雨警報発令中で、日田市を通過するときなどは篠突く雨の中を走りました。

でも行ってよかった。
上の写真3枚は香蘭社の有田焼のコレクションの一部ですが、本物だけが持つ存在感に圧倒されます。
展示されたコレクションは多く、朝一番で入館者もいなくて、一品毎ゆっくり見学することが出来ました。

壺がいい、皿がいい、三右衛門さんたちのお作でなくていい。
本物が一つ欲しい・・・・・っ。

伊万里市の大川内山にも行ってきました。
ここは山に向かっての道の両脇に窯元があり、店頭に並べられています。
有田に比べて、生活に役立つものが多かったと思います。

小生も今回一人旅でしたので、美人妻に大皿(実際は中皿ぐらい)を一枚張り込みました。
さて、何に使ってくれるのやら。

九州国立博物館は、何年越しにも行きたいと思っていたところ。
外観はガラス張りで見事な建物でしたが、正直コレクションは小生には少し物足りないものでした。

最後に、お隣の天満宮で梅が枝餅を買って、九州の旅は終了。
一泊2日の短い旅でしたが、やっぱり現地へ出かけて本物を見ること。
これにつきます。
その意味からも、今回は満足のいくものでした。
ありがとう、九州。

高速道路のサービスエリアで、九州全図と高速道路の地図を貰ったので、また九州旅行を計画するぞう。
宮崎まで高速道路が延びているので、宮崎経由で鹿児島まで行くぞう。
(財務省の美人妻と一緒に)


[PR]
# by noborin28 | 2017-07-02 14:14 | Comments(1)

復活、アオバズク

e0237580_12252983.jpg
e0237580_12255912.jpg
e0237580_12262799.jpg


いやあぁ、復活しましたぞ、アオバズク。

去年、番で来ていたアオバズクですが、一羽にアクシデントがあったように聞きました。

そんなことで、今年はもう来てくれないのかなあと思っていたところ、いつものケヤキの木にいるのを見つけました。
いつのも定位置ではなく、少し前の枝にとまって、体を細くして木の枝に似せて、こちらの様子を伺っています。

可愛い真ん丸の眼をしています。
カメラを向けると、一瞬のうちに後ろの樫の木の茂みに飛び込みます。
羽を広げると意外に大きく見えます。
また、今年の個体は少し羽の色が濃いように思います。
写真には中央に写っていますが、いつもの通り分かりづらいですね。

これから散歩に行くのが楽しみになりました。
今日はいるのかなあと木の枝を覗き込み、一喜一憂しながら歩きます。

カラスのいじめや交通事故に合わないよう、この夏を過ごしてください。
できましたら子育てもしてね。


[PR]
# by noborin28 | 2017-06-27 12:46 | Comments(0)

キイチゴ食べたもん

e0237580_16543233.jpg
e0237580_16552560.jpg
e0237580_16561831.jpg
e0237580_16564886.jpg
e0237580_16571544.jpg


梶が森に行ってきました。
前回引き返したところから歩き始めて片道約7キロ。
舗装された道路ばかりですが、往復14キロの長距離です。

9時15分に車を降りて、リュックを背負い歩きはじめました。
道路はずっと緩い坂道です。
これは頂上まで、ずっと続きました。

しかし、疲れる前に景色が素晴らしく、林の木々の豊かさと美しさ、遠くの山並みの広大さが道中ずっと楽しめます。

それにも増して、今回来てよかったのが、ナガバモミジイチゴが食べ放題だったことです。
通称キイチゴですが、道路わきに「まあ、食べて行かんかえ」ってな具合に垂れ下がっています。
しかも大粒の食べごろ。
まるで宝石のように輝いています。

1枚目の写真のように、掌にのせパクっと口の中に放り込みます。
ジューシー、まさしくジューシーであります。
上品な甘さが堪能できます。
しかも、道の両脇にどっさり生えているものですから、これ以上の贅沢はありません。

あっちに目移り、こっちに目移りと、まるで熊のようであったことでしょう。

キイチゴに喉を潤しながら登っていくと、頂上直下に天文台のある山荘がありますが、今はまだ休館中でした。

その上が、キャンプ場。
標高1300メートルでキャンプが出来ます。
水場もトイレも完備されています。
むかし、家族でキャンプをしたことがありますが、夜には蛍が飛び交い、早朝には霧の中にブロッケン現象がはっきりと映りました。
一人では無理なので、だれか一緒にやりませんか。

さて、キャンプ場からは一息で頂上です。
大きなアンテナが3,4本建っています。

標高1339,6メートル。
ジャンプすれば1400メートルです。
360度の眺望は素晴らしく、歩いてきても車で来ても十分楽しめます。
登頂時間は11時45分。

12時過ぎに下山を始めました。
下山途中に、キバナツクバネウツギが満開の花を咲かせていました。
ほかにもウツギの仲間がたくさん咲いていました。

もちろん、下山途中もキイチゴを摘まみながら帰ってまいりました。
6月16日はキイチゴ記念日。

来年も、キイチゴを食べにハイキングするぞー。


[PR]
# by noborin28 | 2017-06-16 17:53 | Comments(2)

裏道

e0237580_19291710.jpg
e0237580_19302386.jpg
e0237580_19310744.jpg

時たま、車道でなく裏道を通ることがあります。
裏道には表通りにはない、風情・情感・思い入れがあるのです。

小学生の頃には、先生に叱られたとき、友達と喧嘩をした時など、心に鬱積を持った時に通った道でもあります。
途中に井戸がありますが、当時は大きなオタマジャクシが泳いでいましたし、それを狙ってのヘビもしばしば見かけたものでした。

いまはコンクリートで整備していますが、昔は踏み固められた道で、雨の日や雪の日は多少ぬかるんでいたことを覚えています。

しかし、印象に残っているのはやっぱり夏。
神社のセミの声を聴きながら裏道を通り、オタマジャクシを見ながら本道に出る。
道草の途中には、アザミの花が咲き、なぜか日常生活を離れた風景が感じられました。

僅か100メートルの長さですが、少年時代の小生にとっては、小さな小さな旅の始まりでもありました。

爺になった現在、この道を通るたびに少年時代の昔に帰れますように、期待を込めて。


[PR]
# by noborin28 | 2017-06-13 20:06 | Comments(0)

マムシ発見

e0237580_08195240.jpg
e0237580_08192376.jpg
e0237580_08184884.jpg
e0237580_08180582.jpg

季節の花を求めて、山道を散歩しました。
ちょうど今、卯の花が満開を迎えているのです。

ガクウツギは甘い香りをまき散らしながら咲いています。
ウツギは滝のように白い花を滴らせています。
それらを眺めながらの散歩ですが、久しぶりなので息も上がりがちです。

梅雨に入る直前の空模様に、緑はますます深くなり、林の中を覗くと黒々としています。
おどろおどろしい感さえしてきます。

その寂しさに負けないよう、昔の名曲を次々に繰り出しながら歩きます。
「白い色は恋人の色」、「イムジン川」、「悲しくてやりきれない」などです。
「カスバの女」も歌います。
当然「卯の花」も入っています。

歌っているとその高揚感からか、足元も軽くなったような気になります。

そんなとき、道端でなにか異形な物が目に入りました。
マムシ、マムシです。
へっぴり腰で近づいてみると、奴はすでに昇天していました。
外傷はないみたいなのに、どうしたことでしょう。

長さ30センチぐらいの、典型的な姿かたちです。
この道路はマムシが多く、散歩途中で何度か見かけたことがあります。
死んだ個体ですが、やっとカメラに収めることが出来ました。

皆さんも、山仕事や草刈りハイキング等で出かける時が多いと思いますが、足元手元には十分注意を払ってください。


[PR]
# by noborin28 | 2017-06-07 08:51 | Comments(0)

レタスがいっぱい

e0237580_15423540.jpg
e0237580_15432741.jpg


畑にレタスの仲間がいっぱい繁っています。
普通のレタス、サニーレタス、サラダ菜、それとロメインレタス。

春に種を蒔いたのですが苗がいっぱいできて、ご近所にも引き取ってもらったのですが、それでもいっぱい残ったので捨てるのもできず、畑に植えておきましたらこのざまです。

知り合いに何度も配りましたし、家でも毎日のようにレタスを食べています。
サラダ、チシャ揉み、肉味噌包み、味噌汁の具など和洋にして食べていますが、まだ沢山残っています。

誰か助けてくれえ。
自由に持って帰ってください。

そんなことを思っていると、きれいな雲が空に浮かんでいました。




More
[PR]
# by noborin28 | 2017-06-04 16:07 | Comments(0)

お花がたくさん咲きました

e0237580_13363254.jpg
e0237580_13370133.jpg
e0237580_13372769.jpg
e0237580_13375665.jpg
狭い庭に、花がいっぱい咲きました。

一番目立っているのは罌粟の花です。
昨年の秋、まんのう公園で貰った種を蒔いたらこんなに咲きました。

矢車草は小生の好きな花で、これも秋に種を蒔いておりましたら咲いてくれました。
青とピンクが可愛い花です。

キンレンカは、ナニワイバラの白い花の中で見たらきれいだろうと思って買ってきました。

ナニワイバラは、たくさん花をつけてくれました。
今年は、花の時期が少し長いような気がします。

キンギョソウが、蕾を大きくしています。
まもなく、黄色やピンクの花を咲かせてくれそうです。
薫りも良くて、待ち遠しいです。


[PR]
# by noborin28 | 2017-05-14 13:55 | Comments(1)

見てしまった・・・。

e0237580_14060639.jpg
e0237580_14063405.jpg

見てはいけないものを見てしまいました。

昨日、実家の草刈りをしようと思って、ルンルンルンと言いながら庭に入っていくと、アオダイショウが長く寝そべっていました。
まあ、小生巳年でもありますし、別段ヘビは怖くも気持ち悪くもありません。
偏見がないとでも言っておきましょうか。

そこで、これからの作業の邪魔になるので、移動してもらおうと突っつくと、鎌首を持ち上げて威嚇するなど、小さな抵抗はしましたが、まあまあの様子で畑の方に流れるように去っていきました。

さて、茫々の草を刈らんとて、刈払い機に燃料を入れて狭い庭を刈り終えました。
つぎに畑の様子を見ようと思って畑に向かうと、ヘビが今度は松の根元でうろうろしているのが見えました。

そのあと庭から道路に向かう道の草を刈っていると、前方に丸い30センチぐらいの玉が見えました。
小生、視力がめっきり落ちているため、そばに寄ってみるとそれは動いています。
よく見ると、なんとまあ、ヘビが小動物をぐるぐる巻きにして締め上げています。

ヒエエエエッと思いながらも、より近づいてみると、小動物はノウサギの子どもです。
そう子ウサギです。
(庭先に野兎の子どもがいることさえ信じられないのに)
僅か10分ぐらいの間に、ヘビの奴は大きな獲物を仕留めていたのです。

ヘビに締め上げられながらも、まだ息はしています。

当然、助けてやらねばなりません。
そこで先ほどの棒切れを取り出して、なんとかその瀕死の子ウサギの首に絡まっている、ヘビの胴体を取り除いてやろうと突っつきましたが、ビクともしません。
ヘビの頭を叩いてみましたが、堪えません。

そのうち、子ウサギも痙攣さえしなくなってしまいました。
ヘビはそれが分かったのか、足を噛んでいたのを離し、なんと頭から飲み込み始めました。
これにはもう諦めるより仕方ありません。
ヘビの完全勝利です。

当然、これ以上は見るに堪えません。
ヘビもまるで意気揚々とでもいうように、子猫ほどの子ウサギを銜え花壇の中に消えていきました。

カメラは持ち合わせていなかったので写っていません。
生命のやり取りという、動物界の衝撃的な一面をまざまざと見せつけられたことでした。

小生、当分花壇には近づきません。

1,2か月後にヘビの抜け殻がどこかで見つかると思いますが、多分一回り大きくなった奴のだと思います。


[PR]
# by noborin28 | 2017-05-01 14:57 | Comments(0)

山の小径

e0237580_07454689.jpg
陽当りのよい小径。
e0237580_07462426.jpg
毒草のハシリドコロ。
e0237580_07465356.jpg
遠くにタムシバが見えます。
e0237580_07472579.jpg
森の中に現れた緑の巨人?
e0237580_07484180.jpg
ヒキガエルのペア。


バナナ2本をバッグに入れて、近くの山を歩いてきました。
一人歩きなので、バッグの脇にコップを吊り下げガチャガチャいわせ、なおも鈴を手に持って、クマが聞いたらいったい何人が来ているのかと思うぐらいの音を立てて歩きました。

山の小径は芽吹いた樹々で彩られ、足元は落ち葉で敷き詰められています。
早速、ウグイスが囀り、シジュウカラ、ミソサザイなども負けずに歌い続けています。
ツツドリも来ていて、どこかでポポ、ポポッと鳴いています。

山菜のタラの芽やコシアブラも、歩きはじめた所では収穫の時期を迎えていましたが、高度を上げていくに従って、蕾を固く閉じたままになっています。

谷沿いにみずみずしい緑の植物が群生しています。
傍によってみると、どうやらハシリドコロのようです。
緑の葉っぱの下にチョコレート色の可愛らしい花をつけていますが、全草が毒で間違って食べると、ひどいことになるようです。

タムシバの花が高い所では満開となっています。
花は上品ないい香りがします。

小生が住んでいる集落を眼下に見えるところまできて、バナナを平らげ、一息休んで降りることにしました。

途中、暗いスギ林の中で緑の苔がびっしりついている大きな岩がありました。
緑が鮮やかで、それは綺麗でしたよ。

車までもう少しというところで、足元で何かが蠢きました。
着地しようとした足を、すんでのところで僅かに外して着地しました。
何事かと思い目を凝らしてみると、ヒキガエルのペアが蹲っていました。
85キロがいきなりドスンとくれば、ヒキガエル達も天国から地獄へ、そして最期には天国に行ってしまうに違いありませんでした。

よかった、スン止め出来て。


[PR]
# by noborin28 | 2017-04-20 08:29 | Comments(0)

道端をぽっくりぽっくり

e0237580_10211578.jpg
キケマンが河原に咲いています。
e0237580_10214338.jpg
桜の花びらに埋まりました。
e0237580_10220943.jpg
スモモの木の間にオニタビラコの花が咲いています。
e0237580_10223392.jpg
どこからか、ミツバチの羽音が聞こえてきそうです。


咲いた、咲いたよパッと咲いた。
道端を歩いていても、黄色の可愛らしい草花が目立ってきました。

河原にハルと出かけたら、足元にキケマンの花が小石のなかに咲いていました。
ムラサキケマンが多い中で、この地方ではちょっと珍しいので、パチッと一枚という訳です。

河原にはツツジが満開を迎えています。
土手も大きな岩も、ピンクの花びらに包まれています。
弁当を持って河原に出かけ、ゆっくりしては如何でしょうか。

さて河原の散歩を終え、坂の小道が桜の花びらに覆われていました。
春も本番、落ちた花びらを踏み分けて、ゆっくり坂道を登りました。

学校のグランドを眺めながら歩いていると、ここにも黄色の花が見えます。
どうやらオニタビラコの花です。
全くの雑草ですが、視点を変えて青い空に向かって伸びているのを見るのはなかなかいいものです。

家の近所で黄色の花の群落に出会いました。
これからますます増えてくるキンポウゲです。
光沢があり照り輝いています。
この草むらの中にいると、白いヤギがメエエ~と鳴き、ミツバチの羽音が聞こえてきそうです。

これからは、どこに出かけても花が溢れるようになります。
車を置いて、ゆっくり小道を観察しながら歩いてみませんか。


[PR]
# by noborin28 | 2017-04-14 11:05 | Comments(0)